FC2ブログ

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。

Apple、macOS 10.13 High Sierra 及び macOS 10.14 Mojave 向けに 2度目の『Safari 13.0.2』をリリースか!?

0 Comments
Ryo
どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

Appleは、現地時間2019年10月7日に macOS向けに『Safari 13.0.2』をリリースしました。(詳細は ここ を参照)

しかしながら、昨日(10月17日)辺りに macOS 10.13 High Sierra 及び macOS 10.14 Mojave 向け限定で、 『Safari 13.0.2』として 2度目 となる v2 なるものをリリースしているようです。

なお、 macOS 10.15 Catalina では 先日の『macOS 10.15アップデート』に於ても Safari は アップデートされず、現状でも 当初の『Safari 13.0.2』リリース時のままです。

さて、 今回の Safari 13.0.2 v2 の リリースノート は以下のようにアナウンスされていますが、 内容的には Safari 13.0.1 のものと変わりは無く 本アップデートについては説明が有りません。

Safari 13.0.2アップデートには、以下の機能改善、およびプライバシー、セキュリティ、互換性の強化が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

• スタートページがアップデートされ、お気に入り、よく閲覧するWebサイト、および最後に閲覧したWebサイトが表示されます
• Webサイトへのサインインで安全性の低いパスワードが入力されたときに警告を表示し、強力なパスワードへのアップグレードを支援
• タブのオーディオボタンからピクチャ・イン・ピクチャを有効にする機能を追加
• Webサイトのアドレスをスマート検索フィールドに入力したときに、検索結果のリストからすでに開いているタブに直接ジャンプすることが可能になります
• USBセキュリティキーを使用して認証を行うWebサイトに対応

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222



上記 リリースノートには 当初の Safari 13.0.2 v1 の リリースノートに記載の以下の改善項目が存在しませんが、これが意図的なモノか否かは不明です。

• “システム環境設定”の“インターネットアカウント”でGoogleにサインインできない問題を修正


つまり、Appleのリリース目的は謎で有ります。

しかしながら、以下のような情報も有りますので、それらの修正意図で再リリースしたのでしょうか?

macOS High Sierra 10.13.6 の場合 :
 (旧)10/7のSafari v13.0.2 (13608.2.40.1.2)
20191008-2.png

 (新)10/17のSafari v13.0.2 (13608.2.40.1.3)
20191018-1.png


macOS Mojave 10.14.6 の場合 のSafari のbuildナンバーについては 確認可能な実機が無いので不明です。

では(^^)/~
関連記事
スポンサーサイト





Ryo
Posted byRyo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply