FC2ブログ

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。

物書堂のmacOS用 日本語ワードプロセッサ「egword Universal 2」は簡易的な製図にも便利! セールは本日4/23まででした。

0 Comments
Ryo
どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪


物書堂から販売されているmacOS用 日本語ワードプロセッサ「egword Universal 2」ですが、意外な事に 簡易的な製図にも使えるアプリである事が判りました。

実は iMac 27インチモデルの購入検討に際し 設置条件が課題になっており、簡易的な製図が出来るモノで構わないので何か良いアプリがないものかと探していたのですが、適当なアプリは見当たらずでした。

何気に macOS の Dock を見ていると 「egword Universal 2」のアイコンが!!
20180617-2.png
起動し試してみると、『 w(゜o゜)w おお、使えるじゃーん !』てな事に。
製図に特化した機能は有るわけでは有りませんが、セールストークの『速い、簡単....』どおりで、以下のようなモノが簡単にできました。
20190423-1.png

モードバー から『四角形』のモードにして、適当な大きさで描き、インスペクタから所望の大きさになるよう 『幅』と『高さ』を入力。 ただ、単位は mm なので 適当な表示の大きさになるよう変換して入力してあげる必要が有ります。

『四角形』で、新たな図形を配置した際は、元の四角形に 寄り添って配置出来る様にアンカーが動作しますので容易に配置が出来ます。
その要領で、『線』を用いて、引き出し線 としたり、矢印にしたりします。
更に『図形テキスト』で寸法の数値を入れれば先に挙げたようなモノが簡単に出来ます。

改めて考えて 試してみれば、 macOS純正の Pages.app でも 機能的には同様の事が出来たのですが、 元のオブジェクトに 寄り添って配置出来るアンカーの動作が Pages.app では反応が鈍かったりするのに対し、『egword Universal 2』では小気味よく動作する事で『 使えるアプリ』と言う印象を受けたようです。

macOS Sierra 10.12.6 (16G1918)環境下で『egword Universal 2』バージョン2.1.14 (387) にて確認。

『egword Universal 2』自体は macOS 10.14 Mojaveもサポート対象のようです。 『egword Universal 2』の紹介ページには OS X El Capitan(10.11)以降との事で macOS 10.14 Mojaveもサポート対象との明記は なされていませんが、 egword Universal v2.1.12 にて macOS 10.14 Mojave での不具合対応についてリリースノートに書かれています。

4/23までですが、通常価格 7,800円(税込)のところ、セール価格:3,800円(税込)で販売しているようです していました。

では(^^)/~
関連記事
スポンサーサイト





Ryo
Posted byRyo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply