FC2ブログ

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。

audio-technica のチョイ古なATH-AD700Xを購入

0 Comments
Ryo
どーも、Ryo です♪

ちょっと前に、Appleのチョイ古なAirMac Extreme ac を購入したばかりですが(笑)、ましたしても チョイ古なモノを購入してしまいました。

今回、購入したのは、 audio-technica の ATH-AD700X と言うヘッドホン です。販売開始日が2012年11月16日との事ですが 一応 現行モデルです(^_^;)。
20180626-1.jpg
購入したヘッドホンは密閉型ではなく、以下の様に中身が見え見えのオープンエアー型なので音漏れして当たり前の仕様です。
20180626-2.jpg

これは、昔から愛用している audio-technica の 密閉型ヘッドホン ATH-A700 ですが、あちらこちら、くたびれて実使用上は問題無いものの後継機を探す事にした次第であります。
20180626-3.jpg

これも、愛用の audio-technica の ATH-CKM99ATH-CKR50 です。
20180626-4.jpg
頭への装着感を含め、検討したのですが、今回、本モデルを選ぶにあたり、試聴出来たのは 下位モデルの ATH-AD500X と上位モデルの ATH-AD900X でした( 正確には、更に その上に ATH-AD1000X や ATH-AD2000X が存在しますが。) ATH-AD500X は、まずまずの印象で ATH-AD900X は上位モデルで値段が高いだけあって 音のバランスなどは更に良い印象でした。 只、予算的に ATH-AD900X は無理なので 試聴は叶わなかったのものの 中級のATH-AD700Xを選択したのでした。 5系は低音が強め、7系は高音が綺麗、9系は音のバランスが良い、と言うのが audio-technica のモノの仕様でしたから、歳を取って 高音が聞こえ難い自分向きかなと思って決めたのでした。
しかし、それが思わぬ結果に....。
手持ちのモノと比較しても、何か微妙に高域が減衰して篭って聴こえる印象でした。 ネットで ATH-AD700X の周波数特性が公開されていたのですが、 目を疑う程、良くないものでした( → Headphones - 1.2 - Graph 。)
ただ、音の傾向は思ったとおりでしたが、手持ちの CD『Audio TEST CD-1』で確認しても(測定器は無いので)聴感上は、そこまで酷い周波数特性とは感じられませんでした (´・ω・`)=з。
何れにせよ、低域と高域を軽くブーストしてあげれば、まぁ、大丈夫かなと。 購入後、エージングが効いてきているのか、或いは、耳の方が慣れてきたのか 段々 ATH-AD700X の音に慣れてしまっている自分でありました(^_^;)。
20180626-5.jpg
ヘッドフォンアンプ付きUSB-DAC の LUXMAN LXU-OT2 に接続の図。
オーディオに凝っていた頃は L-570 を愛用していた頃も有りましたが (*´з`) トオイメ...。

では(^^)/~
関連記事
スポンサーサイト


Ryo
Posted byRyo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply