りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Web

自室のネット(Wi-Fi)環境改善 ! 実施内容は基本的な事だけど意外な効果が有った!!

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

背景

以前(2013年の7月)のエントリー『これは便利かも。 Macで Wi-Fi接続状況の良否を簡単に確実に診断する方法。』で、 自室のネット環境に於いて Wi-Fiルーターである AirMac Extreme との IEEE802.11n (5GHz) の転送レート(リンク速度)が あまり出ておらず、ネット回線のボトルネックになっている と言う事に付いて触れました。 (ただ、そのエントリーで紹介の『ワイヤレス診断.app』の使用方法については 当時のバージョンは v2.0であったのに対し、macOS Sierra での最新版は v7.0となっており、操作方法やインターフェースに若干の違いが発生しており、当時 紹介のアプリの使用方法については現在では参考にならないかもしれません)

(注意)Wi-Fiルーターは当方では『AirMac Extreme 802.11n (5th) ; MD031J/A 』が2018年01月03日 現在 現役なので IEEE802.11ac 環境は未だ有りません(^_^;)。
AirMacExtreme11n5th.jpg

さて、 AirMac Extreme との 802.11n (5GHz) の転送レートが低かった要因としては以下の様な設置条件にあるものと推測をしていましたが、1Fの部屋の使用状態などから半ば諦めていました(^_^;)。

1) AirMac Extreme の設置場所が建物の1Fの端(壁際)に近く、対する自室は 2Fで 1FのAirMac の設置場所からは建物の構造的には真逆の反対方向に位置する部屋の為、AirMac Extreme との Wi-Fi 伝搬に要する距離が比較的長い事。

2) また、2Fの環境と AirMac Extreme との直線距離上には遮蔽物(電気製品 ; プリンター)が存在する事。

AirMac Extreme の設置場所を変更

実は、昨年末の大掃除の際に 『チョット工夫して整理すれば、 AirMac Extreme を建物の中央方向で且つ高めの位置に移動出来得るじゃん! 』と思った次第です。 そうすれば 自室と AirMacとの距離は近くなるばかりか Wi-Fiが伝搬する上での(建物の構造物以外の)遮蔽物は無くなります。   w(゜o゜)w おお

ただ、AirMac Extreme の移動の為には、 DSLモデム と AirMac Extreme のWAN ポート 間の『Ethernet ケーブル』を 長さ1m(実質50cm分しか使用しておらず) から 3m程度の長さのケーブルに変更する必要がありました。
最終的に手配したのは『サンワサプライ CAT7 ウルトラフラットLANケーブル3m ホワイト KB-FLU7-03W 』なるモノ。
伝送スピード性能的には『CAT7』のクラスは不要なのですが耐ノイズ性に優位性が有ると信じて選びました(^_^;)。 フラットケーブルでコネクタ部も比較的コンパクトで色も白色で AirMac Extremeにも部屋の周囲にも馴染め易いと思った次第です (^_^)。
と、言う事で設置場所を改める作業を実施致しました (´・ω・`)=з。
( 設置状態の前後の写真は、セキュリティ上の観点から掲載を見送りました (;≧ b ≦)ナイショ♪)


AirMac Extreme の 転送レート(リンク速度)の変化

AirMac Extreme の移動による効果は以下の通り。
20180103-1.png
上記数値は メニューバーの wifi.pngWi-Fi アイコン をoptionキーを押しながら選ぶと表示されます。
或いは、更に『 "ワイヤレス診断"を開く... 』を選び(実行し)、 メニューバー > ウインドウから 情報 / パフォーマンス / スキャン などを選ぶ事で確認出来ます。

当初、自室の 802.11n (5GHz) での転送レートが 81Mbps → 108Mbpsに向上。

更に『AirMac ユーティリティ』でチャンネルを『自動』に設定変更で、
802.11n (5GHz) での転送レートが 108Mbps → 162Mbpsに向上。

以前、チャンネルを手動で固定指定したのは、何処かで 手動で指定すべきという情報を見て対応した気がします。 ただ、最近ではWi-Fiルーター使用の家庭も増えてきて 当方の田舎でも 20くらいのWi-Fiの電波が候補として表示される程です。 更に、先に挙げた "ワイヤレス診断" の 『スキャン 』を実行すると、 Wi-Fi電波が多い為か お勧めの『最適チャンネル』も 毎回異なります。
( ・д;) ドウシヨウ...
そこで、一層のこと、チャンネルを『自動』にして お任せにした次第です。
チャンネル固定は、他者の存在が変化し得る条件では好ましくないと言う事か....。
フムフム…(*゚ー゚)(*。_。)ナルホド…
弊害も有り得るかもしれないけど 様子見です....。
なお、5GHzチャンネルの自動モードでは『DFS』と呼ばれる、レーダー装置と干渉しないようにする機能の表示がされるようです。
( 奥が深いなぁ...。 )

参考情報 ;
Wi-Fi ルーターと Wi-Fi アクセスポイントの推奨設定(Apple サポート)
AirMac ベースステーションの 5 GHz 帯の Wi-Fi ネットワークが一部の他社製デバイスで認識されない(Apple サポート)

なお、 建物 1Fで確認の 802.11n (2.4GHz) での転送レートが悪化した事の要因としては、AirMac Extreme がコードレス電話機の親機の設置場所に隣接するようになった為と推測しています。 コードレス電話機も 2.4GHz帯を使用しており、電子レンジを始め 色々と Wi-Fi も使用の2.4GHz帯は競合電波が多数存在し不利なんだなと感じました。 まぁ、古めのWi-Fiデバイスの為に運用しているものだから仕方無いですね....(^_^;)。


回線速度の実状は?

SPEEDTEST.NETのサイトで現在の速度を測った結果が以下。
(環境の違いによる差を把握する為の相対比較の目安としてお考えください)
 〜 1Fに『AirMac Extreme 802.11n (5th)』が設置 〜

(1)-1 2F自室 IEEE802.11n (5GHz)接続 -1st
20180103-2.png

(1)-2 2F自室 IEEE802.11n (5GHz)接続 -2nd
20180103-3.png

(2)-1 2F自室 IEEE802.11n (2.4GHz)接続 -1st
20180103-4.png

(2)-2 2F自室 IEEE802.11n (2.4GHz)接続 -2nd
20180103-5.png


(3)-1 1F IEEE802.11n (5GHz)接続 -1st
20180103-6.png

(3)-2 1F IEEE802.11n (5GHz)接続 -2nd
20180103-7.png

(4)-1 1F IEEE802.11n (2.4GHz)接続 -1st
20180103-8.png

(4)-2 1F IEEE802.11n (2.4GHz)接続 -2nd
20180103-9.png

まぁ、これだったらイイか(^^)v

測定環境;
・MacBook Air (Mid2013) 13" 1.7GHz Core i7 8GB 256GB
・macOS Sierra 10.12.6
・Firefox Quantum v57.0.3
・AirMac Extreme 802.11n (5th)

なお、当エントリーの内容は全ての条件に該当するとは限りません。
お決まりですが、本エントリーの内容については、自己責任の元 お試し下さいね^_^;。


では(^^)/~
スポンサーサイト


Googleの新しい検索結果を見易くするCSSをuserstyles.orgにUP!

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

先日のエントリーで紹介したGoogleの新しい検索結果を見易くするCSSですが、http://userstyles.org/ に UPしましたので宜しかったら御活用なさってください(^^)。

Firefox にて add-on『Stylish』を使用されている方は、
そのサイトから直接インストール出来て 直ぐに使用出来ます(^^)。

20140317-0107am-shadow.png
     Google New Search Result (March 2014)
      @userstyles.org



では(^-^)/~




最近のGoogleの検索結果の表示変更に対応!

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

最近、Googleが検索結果の表示に変更を加えている様なので、検索結果が見難くなり困っています。
検索結果のリンクのフォントサイズが大きくなり、リンクを示すアンダーラインが表示されません。
更に広告に黄色のラベル付けも施されています。
検索結果のリンクのフォントサイズサイズだけが大きくなるので有れば未だ良いのですが、空白エリアの面積が大きくなった事も違和感を憶えた要因の一つかもしれません。

検索結果のリンクの文字数は おそらく「32文字前後」で制限が掛かっている様ですが( 適当です^_^; )、今回の変更でWebブラウザの表示の段階(CSS)で更に28文字前後に削られてしまっている様です。(これは、表示可能範囲の設定内でフォントサイズを大きく指定した事で 表示しきれない部分が 省略されてしまっている様です。)
Webサイトの運営側の方は注意が必要となり、影響が大きいかと思います。
今後はタイトルの文字数は28文字以内にまとめる様に留意した方が良さそうな気がします。素人考えですが^_^;。

まぁ、Googleの検索を利用する際にはWebブラウザの表示の際にCSSを適用させ、表示範囲を本来の?「32文字前後」で表示する事は可能な様ですが、万人向けでは有りません。Google側で修正してくれる事を切に希望します。

これらの変更はPC環境の表示をスマートフォンなどの表示に合わすべくした変更の影響の様ですが、長年の慣れの為か馴染めません^_^;。

さて、今回のGoogleの検索結果の表示変更に対応する CSSが userstyles.org に挙がっていました。
こちら→ Google Search underlines/font size (pre-March2014)

しかし、そのCSSでは自分は満足出来なかったので、自己流で強引に対応した結果が以下です^_^;。
リンクに下線を付加したり、リンクの文字サイズを抑えて表示文字数を増やしたりして見易くしているつもりです^_^;。
因みに、Mac の OS X 10.9.2環境の Firefox 27.0.1 にて確認しています。

適用前
google_before_result1-shadow.png


適用後
google_after_result1-shadow.png



以下に、参考で CSSを書いておきます。
尚、お決まりですが自己責任で宜しくお願い致します^_^;。
@-moz-document url-prefix("http://www.google.co.jp/"), 
url-prefix("https://www.google.co.jp/"),
url-prefix("http://www.google.com/"),
url-prefix("https://www.google.com/")
{

div.srg a:link {
text-decoration: underline!important;
}

#tads a, #tadsb a, #res a, #rhs a, #taw a {
text-decoration: underline!important;
}

._Fe, ._md {
margin-left: 10px!important;
font-size: 12px!important;
}

div.vsc > div.gl{
margin-left: 10px!important;
font-size: 12px!important;
}

#res h3 {
margin-left: -6px!important;
font-size: 14px!important;
}

#newsbox span.tl>a {
font-size: 14px!important;
}

.nrg-title>a {
margin-left: -6px!important;
font-size: 14px!important;
}

.nrg-footer {
font-size: 11px!important;
}

.irg-title>a {
margin-left: -6px!important;
font-size: 14px!important;
}

.irg-footer {
font-size: 11px!important;
}

#ires .kv {
height: 14px!important;
}

.st {
line-height: 1!important;
}

#center_col, #foot{
width:570px!important;
}
}


では(^-^)/~

この度、回線業者を auひかり に乗り換えました(^^)

どーも、Ryoです♪

実は、先日 回線事業者「キャリア」を乗り換えました。
以前は、フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ(NTT東日本ホームタイプ)でしたが、この度、auひかり ホームタイプ ギガ得プラン に変更しました^_^;
(何れも2年契約のモノです)

変更理由は、以下のとおりです。
1)値段
2)回線速度向上が見込める事。
3)IPv6がデフォルトで対応済み。

ISP(プロバイダ)は 諸事情故、@nifty のまま移行しました。(価格も、自ずと @nifty の場合です。)
ISPに こだわらなければ もっと安くなるかと思います ^_^;
(1)フレッツ 光ネクスト
ISP料金 1050円 + 回線料金 4725円 + ひかり電話 1575円(500円分の通話分を含む)
=合計 7350円(税込み)

(2)auひかり
ISP料金+回線料金 合算5460円 + ひかり電話525 円
=合計 5985円(税込み)

と、云う事で、月額コストダウン額 1365円 に。

フレッツひかりでは、ひかり電話の無料通話分 500円分が料金に含まれていたのが無くなり、我が家の場合、 固定電話の使用頻度が少ないので コストダウンに繋がりました。

但し、移転に際し、登録料 840円が掛かかります。
また、初期費用総額39375円( 1312.5円×30回)は、実質無料ですが 毎月の支払い時に30回に分けて割引される形になるので留意が必要です。
それからフレッツへの解約違約金はauで負担。 一時的に立替えて、申請をして 後日 郵便為替が送付されてくる形。

さて、気になる回線速度についてですが、 ベストエフォート型ながらも、
下り最大 最大200Mbps → 最大1Gbps
上り最大 最大100Mbps → 最大1Gbps
へと、向上が見込め得る為に期待しながら移転し、実際に確認した結果は以下の通り。

有線(Ethernet)環境も有る MacBook Pro (Mid2007) Mac OS X 10.6環境のモノを使用し、SPEEDTEST.NETのサイトで速度を測りました。

(1)-1 フレッツ 光ネクスト 有線(Ethernet)接続 1st
フレッツ_Ethernet-s

(1)-2 フレッツ 光ネクスト 有線(Ethernet)接続 2nd
フレッツ_Ethernet2-s


(2)-1 auひかり 有線(Ethernet)接続 1st
auひかり_Ethernet-s

(2)-2 auひかり 有線(Ethernet)接続 2nd
auひかり_Ethernet2-s

効果は、実感出来る程 良くなりました。 Σd(≧▽≦*) OK! まぁ、ベストエフォートなので この状態が維持出来る保証も有りませんが^_^;

一応、無線LAN(AirMac)の場合も確認しました。 MacBook Pro(Mid2007)を使用したので、IEEE802.11n 2.4GHz 接続であります^_^;。 尚、 『AirMac Extreme 802.11n 5th』を使用しての環境です。

(1)-1 フレッツ 光ネクスト AirMac接続 1st
フレッツ_80211n(24GHz)-s

(1)-2 フレッツ 光ネクスト AirMac接続 2nd
フレッツ_80211n(24GHz)2-s


(2)-1 auひかり AirMac接続 1st
auひかり_80211n(24GHz)-s

(2)-2 auひかり AirMac接続 2nd
auひかり_80211n(24GHz)2-s

auひかり に回線を切り替えて、ping速度(応答速度)の向上も有り、良かったです o(^-^)o。

それから、 IPv6対応も フレッツ光 w/@nifty の際は別途210円が必要だったわけですが、勿論、その為に 月に210円も払っていた事は有りませんw
ただ、NTTのフレッツ網は、独自の処理をしているとかで、反応が遅くなるケースも有るとか無いとか、繋がらないサイトが有るとか無いとか昔に聞いた事が有り、デフォルトでIPv6対応をしている au ひかり の方が 今後の事を考えると望ましいかなと思ったのです^_^;。
参考; 世界がIPv6対応しても、フレッツユーザーは現状ではIPv6に対応できない

下図は IPv6対応サイトに 無事に IPv6接続 出来た様子です ^_^;。 何気に嬉しいです o(^-^)o
iPv6対応

では(^-^)/~


IE で 当BlogのCSSが全く適用されなかった件など

どーも、Ryoです♪

先日、某所に伺った際に、 Windows (Windows 7, Internet Explorer 9 (以下 IE9) )で ふと 自分のBlogを見たら、スタイルシート(CSS)が全く適用されておらず、レイアウトも色の指定もされておらず、単に文章が表示されているだけでした。 Σ( ̄□ ̄; ) ガーン

自分はWindows環境は無く、Mac環境だけなのですが、FirefoxやSafariやOperaでは表示を一応確認していました。
それに、以前のAppleのiWebで細々と行っていた頃と違い、FC2と云うBlogサービスを利用していたので、楽観していた事も有りますが^_^;。

FC2のBlogサービスも?、テンプレートを選ぶ時点で、自ずと テンプレートに即した ベースとなる HTML/CSS は出来る訳ですが、当初は何が原因か検討も付きませんでした。 只、IE9を開発者モードにしてIE7標準の表示からIE8の表示にすればCSSが適用されましたので、ちょっとしたところでダメになっている気がしたのです。

テンプレートは、気に入ったモノを選らんでいた訳ですが、 テンプレート の HTML/CSS は カスタマイズしていたので、何処に起因しているのか、 トホホ状態でした。

1)Windows環境が無い状態で、どの様に確認するか?
Sauce.app と云う、Mac OS X上でWindowsのIE6/7/8/9/10等、様々なWebブラウザの確認が可能な無料アプリを発見。
20130328-1036am.png 20130328-1044am.png
早速、Mac App Store からダウンロードして試用。
表示の確認は出来る様だけど、MacBook Air (Mid2011) 13" Core i7 でも、動作が重く 通常にWebブラウジングは出来ない状態。まぁ、仕方無いか.....。取りあえず表示確認出来るレベル。

2)Web で IE のみの表示不具合の場合の条件を探してみた
まぁ、色々なケースが有るらしいが判らなかったです。HTMLの「DOCTYPE宣言」あたりに原因が有るかと当初思ったのですが。

3)HTML/CSS の何れかに起因か調べてみた。
デフォルトのテンプレートを再度適用したら問題有りませんでした。改めて、HTML/CSS の何れかに起因か有るか HTML/CSS のデータを 相互にデフォルトのモノと差し替えて確認。
結果は、CSS側に起因していました。 てっきり HTML側に起因しているかと思っていたのでチョット意外。

CSSの場合の、意外な記事も発見。
インターネットエクスプローラーでcssが表示されない意外な原因
コメント用の「/*」「*/」の前後に半角スペースが入っていないとダメだとか。改めて自分のBlogのCSSを見てみると ダメじゃん!
早速、修正。 これで バッチリかと思いきや、修正効果は無し。 ガ━━Σ(゚Д゚ ;)━━ン!

4)CSSのデータ自体を検証してみる事に。
発見したWebサイトは CSS Validation Service です。
URL指定や 直接入力して CSSデータを検証出来ます。

因みに、HTMLの検証が可能なサイトは以下を発見。
Another HTML-lint gateway

で、上記サイトを利用して CSSの検証を行ってみたのですが、エラーが多過ぎ&エラー内容が素人の自分にはイマイチ判らないので最初から目視確認?していく事に。

そしたら、最初の設定で、いきなり あれ〜?? エ━━ヾ(*>△<*)ノ━━ッ!?
/* ****************************************** ▼ 基本設定 ▼ */

* {
margin:0;
padding:0;
font-family:ヒラギノ角ゴ Pro W3','Hiragino Kaku Gothic Pro','メイリオ',Meiryo,'MS Pゴシック','MS PGothic',sans-serif;

font-family 設定の冒頭で『'』が無い!!

フォント名で指定する場合は、フォント名が日本語のモノや 間にスペースが入っているモノ(’Times New Roman’等)は引用符(”や’)で囲う。しかし、 sans-selifとか総称ファミリー名は引用符で囲ってはダメ、との事。

と、云う事で記述が間違っていました。 fontの設定はデフォルトから変えてみたんですよ。ホントに^_^;。
何はともあれ、早速修正し、例の Sauce.app を使い IE9 での表示を確認しました。
結果は、無事にCSSが適用されて OK!となりました。 \(^o^)/ヤッター!
一応、実機確認は @blog_han さん らに御協力頂きました。感謝。
しかし、チョットしたミスで IEではCSSが適用されなくなったんですね。 Mac環境のWebブラウザですが、FirefoxやSafariやOpera等では 表面上は問題無く表示してくれたのですが、どっちが良いのかは微妙ですね^_^;

ところで、皆さんは、フォントは 何を指定されていますか?