りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Accessory

ムック本『これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編 』を入手、そして視聴の結果は...。

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

日増しに寒くなっており、春が待ち遠しい今日この頃であります(^_^;)。 早っw

さてさて、音楽之友社から今年の8月1日に発刊されていたムック本『これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編 』を今更ながら入手しました。
20171210-1.jpg

Fostexのユニットは 大昔に『FE87E』を購入し使っていた事も有り、かなり期待していました(^_^;)。

付録の8cmフルレンジ・スピーカーユニット『OMF800P』はFostexによる開発・製造。 Fostex社による この様な企画は6作目になるとの事。

スピーカーユニット『OMF800P』の主な仕様
 8cmコーン形フルレンジ
 インピーダンス : 8Ω
 最低共振周波数 : 117Hz
 再生周波数帯域 : f0 〜 32kHz
 出力音圧レベル : 83dB/W(1m)

スピーカーユニット『OMF800P』の主な特徴
 センターキャップをフェーズプラグへと変更
 フェーズプラグはアルミ棒からの削り出し
 磁気回路強化(マグネットφ65へと大型化)
 メタル振動板の採用(アルミ振動板表面に白色アルマイト処理)
20171210-3.jpg

20171210-4.jpg


付属のパッキン 及び 固定用 木ネジ
20171210-2.jpg

取り付けるキャビネットは自作する暇が無いので身の回りを探してみたところ、 Victor の FS-1 に付属のスピーカー SP-FS1 が使えそうな感じだったので 挑戦してみる事に(^_^;)。 ちなみに、FS-1 本体は既に無いんですよ<(_ _)>。
20171210-5.jpg

全く問題無く、以下の様に 単なる部品交換と言う形で、あっさり終了。
20171210-6.jpg

アンプは KENWOOD の KAF-A55 を使用。 L-570を使っていた時代も有りましたが(笑)。
(*´з`) トオイメ...
さて、肝心な音ですが、見た目で過度の期待をし過ぎたせいか あんまり感動が無かったと言うのが本音であります。 高域が減衰して こもって聴こえる様な...。 高域を補正して聴けば良いと思うのですが....。 Victorの スピーカーに元々 付いていたユニットの方が良かったですね。 これは Victorの設計が適性だったのか、或いはVictor製のエンクロージャーでは 性能が発揮出来ないかは不明ですがね(^_^;)。
ただ、このFostexのスピーカーユニット『OMF800P』の評判は良い様なので 入れた箱がダメなんだろうな.... (;´д`)トホホ…。

そう言えば、Fostex からスピーカーユニット『OMF800P』専用のエンクロージャー『OMF800P-E』が販売されているんだよなぁ〜 。
バナナプラグ対応金メッキターミナルと内部配線コード、吸音材等も組み込み音質調整済みで、ユニットを取り付けるだけのモノ。 標準価格は 1台 ¥5,000+消費税 だとか。
買ってみる?
20171210-7.jpg
   (上図はアマゾンさんのサイトから拝借)



では(^^)/~
スポンサーサイト


気軽に聴く際のインナーイヤーヘッドホンとしてオーディオテクニカATH-CKR50を購入

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

インナーイヤーヘッドホン は オーディオテクニカのATH-CKM99を使用しています(^^)。
これは、ATH-CKM99としては2個目の購入となるものです。最初に購入したモノは壊れてしまい過去に『壊れたATH-CKM99が復活した件』なるエントリーを書いた次第です。 お気に入りのモデルだったので、その後は暫く使用していたのですが2個目を購入し現在に至っています。 ただ、既に生産終了品となっているんですよね〜 ^_^;。

そこで、寝転びながら気軽に聴く際の お手軽な インナーイヤーヘッドホンを探す事に^_^;。

予算は約5000円として 近所の電器屋で試聴しながら決めました。 ただ、田舎の電器屋なので 取り扱い品も少なければ、 更に 試聴可能なモデルの数も少ない !!
予算オーバーだったのですが、 JVCのHA-FXT200あたりもイイかなぁと。
結局、購入したのは、またもや オーディオテクニカ製 ^_^;。

そのメーカーの ATH-CKR50 BK (スティールブラック) と云うモデルを購入。
店頭価格 税別4980円 でした。

ATH-CKM99の謳い文句は『ハイブリッドメタル構造とケースダンパーで 不要共振を遮断し澄みきった高音質再生』。
対する今回のATH-CKR50の謳い文句は『解像度の高い中高域と 豊かな低域表現』。

普段聴いている Rippingtons や Lee Ritenour や 国府弘子等のフュージョンや ヴォーカルは 最近の方は聴かないので Linda Ronstadt などで確認しました^_^;。 ATH-CKR50 は、低域から高域までバランス良く再現され歪み感も少なかったので購入する事にしました。 色は、 シャンパンゴールドやディープブルーやイエローゴールドやピンクゴールドやメタリックレッドも有ったのですが、あえて渋い色を選択。 メタリックレッドも良かったかな? ^_^;。
20170422-1-.jpg
色は 品番的には『BK』と黒色の様な印象を受けますが、 ガンメタリックの様な感じですね。

20170422-2-.jpg
ケースではなくポーチが付属しています。 出し入れ口の箇所にバネが有り、押さえる様に閉じるので取り扱いが容易ですね。

20170422-3-.jpg
交換用イヤーピースとして XS、S、M、Lの各サイズが付属。 初期状態で装着されているのはMサイズ。

20170422-4-.jpg
左が 今回 購入した ATH-CKR50 BK で、右側が かねてから愛用の ATH-CKM99 です(^^)。



では(^-^)/~


長年 愛用している パワーサポートのマウスパッドを手入れしてみました ^_^;

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

最近、非常に寒くて Macのトラックパッドも自ずと 超 冷たくて (/_;`)トホホな状態ですので、冬季は マウスを使って操作する事が多いのであります^_^;。

長年 愛用している マウスパッドは、『パワーサポート エアーパッドプロIII(マットブラック) 特大 PAG-91』です。 まるでエアーホッケーをしているような感覚でマウスを操作することができる、と言う謳い文句の商品で、未だに お気に入りのモノです。 これは、MacBook Pro (Mid2007) の購入と概ね同時期に購入したので、かれこれ9年半ぐらい使っている事になります^_^;。 夏期は使用頻度が低下するので、まるまる 9年半ぐらい使っている訳ではありませんが....。 未だ、販売されている事にも驚きですがね....。

しかし、長年の使用で 流石に 手首による擦れなどで 表面のフィルムが剥がれてきて、見た目の外観が悪くなってきていました。 左端や右端は軽微ですが、特に手首が当ると思われる下部が酷いですね (。-´ω`-)あ〜…。
20170212-1.jpg
ただ、マウスを使用する分には、マウスの滑りの悪化などの問題は全く感じないので、フィルムが めくれている箇所をカットし、めくれが促進され得るのを防止する事としました。
20170212-2.jpg

〜 カット後 〜
以下の様に、パット見、 新品状態となりました(笑)。
20170212-3.jpg
パワーサポート エアーパッドプロIII(マットブラック) 特大 PAG-91』は、元々の外形寸法:(幅)196mm x (奥行)252mm x (高)2mm と大きい為、多少 カットしても 小さくなった印象は認められません^_^;。
これで、未だ永く使えそうです(笑)。

では(^-^)/~

【備忘録】USBケーブルやUSB電源アダプタに関する注意事項についてのリンク


どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

USBの規格や USBケーブルやUSB電源アダプタの選定時の注意事項などを
HANPEN-BLOGさんが、非常に詳しくまとめて下さっていました。
非常に有益な情報です。

USB 3.1やUSB Type-Cの規格について調べてみた

乱立するスマホ向け急速充電の規格について調べてみた

USB Power Deliveryの規格について調べてみた

規格外のUSB Type-C ACアダプタが存在している

Quick Chargeは一部のUSB Type-Cケーブルを破壊するので注意


では(^-^)/~

Macのキーボードカバー ( moshi clearguard MB ) を替えてみた

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

連日の暑さでバテ気味です(+_+)。

さて、愛用の MacBook Air 13" で使用しているキーボードカバーの件です。
今の使用のモノは使い始めてから 約2年半ほどで、流石に command キーの辺りの『くたびれ感』が気になり始めた事や 白っぽい皮脂汚れが目立つ様になってきた為に交換する事に。

変更後も、変更前と同じ『moshi clearguard MB (USキーボードモデル)』をチョイス^_^;。
th_20160711-1-s.jpg

カバー本体を取り出したよ。
th_20160711-2-s.jpg

カバー 未装着状態
th_20160711-3-s.jpg


カバー、装着状態 (^^)。
 若干、マットな感じです。 でも、交換前より 全然クリアです(笑)。
th_20160711-4-s.jpg

このキーボードカバーは発売されたのは、かなり昔ですが、打鍵感が固くなるとか、皮脂汚れが気になると酷評される方も居ますが、当方は気に入って使用しています^_^;。
そー云えば、以前 コーヒーを こぼしてしまった事が有りますが 、キーボードカバーの お陰で助かった事があります(笑)。 なので、キーボードカバーは必須なんですよ.....。


では(^-^)/~