FC2ブログ

りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。

MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;。
2013年から復活しましたが多忙の為に更新頻度は低めとなってます。 継続する事に意義が有るとして続けています事をご了承下さい。

macOS 10.13 High Sierra 及び macOS 10.14 Mojave 向けに『Safari 13』をリリース

0 Comments
Ryo
どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

Appleが、現地時間2019年9月19日に macOS向けに『Safari 13』をリリースしています。 併せて iOS 13 や watchOS 6 もリリースしています。

ただ、今回はからは macOS 10.15 Catalina リリース を鑑みてか、 既に Update対象は( macOS 10.2 Sierraが外され) macOS Mojave 10.14.6 と macOS High Sierra 10.13.6 のみ へと変わっています。

macOS Mojave 10.14.6 の場合 : バージョン13.0 (14608.1.49)
20190920-1.png

macOS High Sierra 10.13.6 の場合 : バージョン13.0 (13608.1.49)
20190920-2.png

Safari 13.0 リリースノート

Safari 13アップデートには、以下の機能改善、およびプライバシー、セキュリティ、互換性の強化が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

• スタートページがアップデートされ、お気に入り、よく閲覧するWebサイト、および最後に閲覧したWebサイトが表示されます
• Webサイトへのサインインで安全性の低いパスワードが入力されたときに警告を表示し、強力なパスワードへのアップグレードを支援
• タブのオーディオボタンからピクチャ・イン・ピクチャを有効にする機能を追加
• Webサイトのアドレスをスマート検索フィールドに入力したときに、検索結果のリストからすでに開いているタブに直接ジャンプすることが可能になります
• USBセキュリティキーを使用して認証を行うWebサイトに対応

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222


未だ、 Appleから一般向けに対してアップデートの詳細情報については公開されていません。
英語向けのサイト(en-us)の方が情報が早いものの それでも未だですが、以下が参考になるかと思われます。

なお、今回のupdateに伴う macOS のビルドナンバーの更新は有りません。

では(^^)/~
スポンサーサイト





Firefox Quantum 69.0.1 リリース

0 Comments
Ryo
どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

Firefox の デスクトップ版の Firefox Quantum ですが、 version 69.0.1 が 9/18(PDT)にリリースされています。

さて、リリースノートは こちら です。
20190919-1.jpg

修正

  • Firefox内からリンクをクリックして起動するときに外部プログラムがバックグラウンドで起動する問題を修正(Bug 1570845
  • スクリーンリーダーを使用するユーザー向けのアドオンマネージャーの使い易さの向上(Bug 1567600
  • ログインが完了した後、状況によって Captive Portal の通知バーが消えない問題を修正(Bug 1578633
  • リーダーモードのズーム時のフォントの最大サイズを修正(Bug 1578454
  • 開発者向けツールのパフォーマンスセクションのスタックの表示不具合を修正(Bug 1578354


修正(セキュリティ関連)



では(^^)/~


iMac 27-inch 2019モデルのメモリ増設を実施。 メモリ実装部にアクセスする為のカバーを外すのに意外なモノを使用した件。

0 Comments
Ryo
どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

iMac 27-inch 2019モデルは 購入時にメモリをカスタマイズするより 購入後に自分でメモリ増設する事で安価に済ませる意図で 下記の以前のエントリーに書いたように メモリは8GBのままで購入しています。
20190827-1.jpg
ただ、1TB Fusion Driveストレージ をSSDに変更し購入したのが幸いしたのか、メモリ不足に陥っているにも関わらず 体感速度の低下は感じないので メモリ増設は先送りになっていました(^_^;)。

iMacメモリ仕様 及び 取り付け方法

メモリ仕様 ;

メモリスロットの個数 4
ベースメモリ 8 GB (2 x 4 GB DIMM)
最大メモリ 64 GB (4 x 16 GB DIMM)

以下のすべての条件を満たす SO-DIMM (Small Outline Dual Inline Memory Module) メモリを取り付けられます。

  • PC4-21333
  • バッファなし
  • パリティなし
  • 260 ピン
  • 2666 MHz DDR4 SDRAM

メモリ実装部にアクセスする方法 ;

  1. コンピュータに接続されている電源コード、およびその他のケーブルをすべて取り外します。
  2. ディスプレイに傷をつけないよう、柔らかい清潔なタオル (または布) を机などの平面に敷きます。
  3. コンピュータの両側をしっかり持ち、画面が下向きになるようにゆっくりとコンピュータをタオルまたは布の上に寝かせます。
  4. AC 電源ポートのすぐ上にあるグレイの小さなボタンを押して、メモリコンパートメントドアを開けます。


購入したメモリ

Crucial by Micron 製 品番:W4N2666CM-16GB 容量:32GB(16GBx2枚) CL値 19 を購入。
これで メモリ取り付け完了時には初期搭載メモリとで 計40GB となる予定です。
20190912-1.jpg

メモリ実装部にアクセス !

詳細は以下参照。まず、Macをシステム終了させた後に、AC電源コードをiMac本体から抜いて、購入時の画面カバーなどで画面を保護し画面が下になるよう丁寧に置きます。
( 電源コードを抜かないと作業出来ない仕組みになっているのは ユーザーに無意識に電源を切らすようになっており 、良く考えれられていますね。 )

次に、AC 電源ポートのすぐ上にあるグレイの小さなボタンを押して、メモリコンパートメントドア(蓋)を開ける、と説明が有ります。
20190912-2.jpg
しかし、ボタンは固くて容易に押せないです (>_<)
.
.
.

割箸を使用しました (^_^;)

適当なモノを捜した結果、『割箸』が形状的にも素材的にも 確実に押す事が出来そうで 尚且つMac自体を傷付け難い気がして 試してみたところ、無事に開ける事が出来ました \(^o^)/ヤッター!。
ちなみに、ビニル袋から開封しない状態で 細い側 にて押し込みました。
20190912-3.jpg
後は、iMac にメモリを取り付ける の通り、空きスロットにメモリを挿し込むだけ。
メモリを取り付けた後に メモリコンパートメントドア(蓋) を再び『はめ込む』必要が有るのですが、これがまた 勘合がきつくてチョット大変でした。 まぁ、放射ノイズ対策でしょうが仕方無いですね。
それでも、大昔に PowerMac 8500/132 のメモリ増設にを行なった時に比べれば 遥かに楽です(笑)。

電源投入後、無事に認識!

無事に 初期搭載メモリとで 容量的に 合計 40GB となり、動作クロックも 正規の 2667MHz で動作しています 。
ε=(^。^;A フゥ…
20190912-4.jpg

20190912-5.jpg

アプリ iStat Menus でのメモリ状況確認は以下のような感じです。 確認日時や アプリで開いているコンテンツは微妙に違いますが、だいたい同じような使用条件です。 
           
20190915-1.jpg 20190915-2.jpg

普段使いでは メモリ不足(スワップ)が解消されています。特に体感上の変化は有りませんが SSDへの書き込みが減少する事(SSDの寿命要因低減)での精神的な安心感向上が有ります(笑)。
また、現在、 メモリ増設後 4日余りが経過していますが特に問題は感じられませんね。

なお、お決まりですが、本エントリーの内容については、自己責任の元 お試し下さいね^_^;。



では(^^)/~