りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月

自室のチェアーを ガラージ チェアOC に買い替え(*^_^*)

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

今回はMacな話しではなく、自室のチェアーを買い替えた話しで有ります^_^;。

約2年前のエントリー『MUJIのパイン材デスクを購入しました(^^)』のとおり、自室では MUJIのパイン材デスクと セット販売されていたワーキングチェアとの組み合わせで使用していました。
ただ、いつの間にか このワーキングチェアの座り心地が気になるようになってきました。 座面が凸状なのか安定せず腰が痛くなって来る事も。 元々、腰痛持ちと言う事情も有りますけどね^_^;。

前職の際、CADの業務用として事務機メーカーの そこそこのチェアーが用意されていた事や当時の印象などから事務機メーカーも候補として有りかな?と思い 色々と検討しました。
オフィス家具/文具・事務用品 の大手 プラスプレセア は¥2万円前後と割りと安価で良いかなぁと思ったのんですが、気が付いたらプラスが運営するSOHO向けのガラージ と言うブランドの チェアOC が気になる存在に。

多少、予算オーバー (ガラージ プライス¥ 34,668)でしたが前傾姿勢でデスクに向かうスタイルやデザインが決めてとなりました (^_^)。

ガラージ のサイトから商品特徴を引用させて頂きました(上手く説明出来ないので^_^; )。

プラスの人気チェア「オーバル」にオリジナルの張り地を使ったガラージ専用バージョンです。机の上での作業がしやすい、前傾姿勢に適した設計です。

・机の上の作業に適した前傾ポジション。
・ 腰を左右から支える3Dシェル。
・ 任意の角度で固定できる背ロッキング機構。
・ 背もたれの高さ、キャスターの種類など選べる豊富なバリエーション。

本家のプラスの「オーバル」との違いは フレーム/脚や生地の色 だけ。
個人的には本家「オーバル」より、ガラージの 「チェアOC」の色の方が好み。
「チェアOC」の方が嬉しい事に壱萬円ぐらい安価になっている様です (^_^)。

チェアOCの特徴は「腰を背もたれに深く押し付けるように腰かけて、背筋を伸ばして座る」ことです。そのために座面の後ろ方向の形状はフラット気味にし、腰を背に押し当てやすく、深く腰かけられるようにしました。


背と座が一定の割合(2.1:1)で連動しながらロッキング(後傾)しますので、腰が前へずれ落ちたり、座面の前方が持ち上がり太ももを圧迫するような不快感がありません。
PC作業でやや前傾になる場合は前傾2度まで、リラックスする場合などやや後傾気味になる場合は9度までロッキングでき、しかも任意の位置で固定できます。また、ロッキングの強さも体形や好みに合わせて調整できます

いくら前傾姿勢が良いとは言え、背もたれの角度も可変出来るので安心^_^;。

選んだモノは『OC-Z03SLU レッド


・フローリング用キャスター仕様(転がり抵抗大タイプ)。
・張り地のクロスはレッド、
    暖色系が好きなので ^_^;。
・背もたれはハイバック仕様(座面より502mm)
    (スタンダードのローバックは423mm仕様)。

ちなみに、座面高は 404mm 〜 519mm の範囲で調整可。
その調整の結果、背もたれ高は 906mm 〜 1021mm の範囲で変わります。
20170520-1.jpg

20170520-2.jpg



では(^-^)/~


Macのストレージ表示不具合がmacOS Sierra 10.12.5 アップデートで治ったかも (^_^)

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

macOS Sierra 10.12.5 がリリースされ、早々にアップデートしました。

macOS Sierraになって、初期の頃は問題は無かったのですが、何時の頃からか、メニューバー >『このMacについて』 > 『ストレージ』タブでの表示が正しくない現象が発生していました。

不具合内容;
(macOS Sierra 10.12.4 まで)

iTunes.app にて、『iTunesライブラリ』を起動ストレージ以外に有るモノを指定すると、起動ストレージの表示が異常になる(システムの該当領域がiTunes領域となってしまう)。
下図では内蔵スロットのSDカードでの状態ですが、外部HDDでも同様に発症。
20170517-1_macOS10124-s.png

〜 正常な表示状態 〜
iTunes.app にて、『iTunesライブラリ』を起動ストレージのモノを指定した際。
(この条件だと正常に表示される)
20170517-2_macOS10124-s.png


macOS Sierra 10.12.5 アップデート後。

『iTunesライブラリ』を起動ストレージ以外のストレージのものに指定しても、表示が正常に!
\(^o^)/ヤッター!
20170517-3_macOS10125-s.png
でも、暫くは様子見(^^?


ではでは(^-^)/~



macOS Sierra 10.12.5 リリース

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

macOS Sierra 10.12.5 が昨日リリースされています。
変更内容詳細→ About the macOS Sierra 10.12.5 Update
セキュリティ対応詳細→ About the security content of macOS Sierra 10.12.5, Security Update 2017-002 El Capitan, and Security Update 2017-002 Yosemite

USBヘッドホンの不具合や特定の環境でMacの日付が2040年になってしまう不具合などの修正やセキュリティ対応がなされています。
20170516-1.png

尚、 macOS 10.12.5 Combo Update もリリースされています。
入手先→ Download macOS Sierra 10.12.5 Combo Update
Combo Update と言うのは、過去のアップデート分も含めてのデータとなっており、過去のアップデートミスで起きている不具合も併せて解消され得るので、お勧めですね。はい^_^;。


では(^-^)/~


気軽に聴く際のインナーイヤーヘッドホンとしてオーディオテクニカATH-CKR50を購入

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

インナーイヤーヘッドホン は オーディオテクニカのATH-CKM99を使用しています(^^)。
これは、ATH-CKM99としては2個目の購入となるものです。最初に購入したモノは壊れてしまい過去に『壊れたATH-CKM99が復活した件』なるエントリーを書いた次第です。 お気に入りのモデルだったので、その後は暫く使用していたのですが2個目を購入し現在に至っています。 ただ、既に生産終了品となっているんですよね〜 ^_^;。

そこで、寝転びながら気軽に聴く際の お手軽な インナーイヤーヘッドホンを探す事に^_^;。

予算は約5000円として 近所の電器屋で試聴しながら決めました。 ただ、田舎の電器屋なので 取り扱い品も少なければ、 更に 試聴可能なモデルの数も少ない !!
予算オーバーだったのですが、 JVCのHA-FXT200あたりもイイかなぁと。
結局、購入したのは、またもや オーディオテクニカ製 ^_^;。

そのメーカーの ATH-CKR50 BK (スティールブラック) と云うモデルを購入。
店頭価格 税別4980円 でした。

ATH-CKM99の謳い文句は『ハイブリッドメタル構造とケースダンパーで 不要共振を遮断し澄みきった高音質再生』。
対する今回のATH-CKR50の謳い文句は『解像度の高い中高域と 豊かな低域表現』。

普段聴いている Rippingtons や Lee Ritenour や 国府弘子等のフュージョンや ヴォーカルは 最近の方は聴かないので Linda Ronstadt などで確認しました^_^;。 ATH-CKR50 は、低域から高域までバランス良く再現され歪み感も少なかったので購入する事にしました。 色は、 シャンパンゴールドやディープブルーやイエローゴールドやピンクゴールドやメタリックレッドも有ったのですが、あえて渋い色を選択。 メタリックレッドも良かったかな? ^_^;。
20170422-1-.jpg
色は 品番的には『BK』と黒色の様な印象を受けますが、 ガンメタリックの様な感じですね。

20170422-2-.jpg
ケースではなくポーチが付属しています。 出し入れ口の箇所にバネが有り、押さえる様に閉じるので取り扱いが容易ですね。

20170422-3-.jpg
交換用イヤーピースとして XS、S、M、Lの各サイズが付属。 初期状態で装着されているのはMサイズ。

20170422-4-.jpg
左が 今回 購入した ATH-CKR50 BK で、右側が かねてから愛用の ATH-CKM99 です(^^)。



では(^-^)/~



目視判断不可なURL偽装に対してのFirefoxでの対策

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

情報元はGigagineです。
通常、URLが意図通りの正しいサイトか否かはWebブラウザのURLの表示を見て判断している筈ですが、URLの表示で Unicode で書かれた文字列をDNS内の制限された文字コード空間でも使えるようにする為の方式「Punycode(ピュニコード)」を悪用し「homograph attack(ホモグラフ攻撃)」を進化させた手法がフィッシング詐欺の手法として Mohit Kumar氏が指摘との事。

This Phishing Attack is Almost Impossible to Detect On Chrome, Firefox and Opera

Punycode とは、 英数字とハイフン 以外の文字で記載されたURLを 英数字とハイフンの組み合わせのみで表現できるように変換する技術の事。

2017年1月20日にChromeとFirefoxに報告済みで、Google Chrome 58 で修正される予定、との事。
Firefox に於いては、Punycodeの自動変換 OFF への設定変更でユーザー側で対応可との事。


フムフム…(*゚ー゚)(*。_。)ナルホド…。
試してみます^_^;。

以下は Mohit Kumar氏作成のデモページです。
実際のURL : https://www.xn--80ak6aa92e.com

Firefox 52.0.2 ; 現状(対応前)

Webブラウザ上のURL : https://www.apple.com/  に Σ(`□´ ;)ゲッ!!
これは、ヤバい!!
ただ、URLバーをマウスオーバーすると、表記が一時的に本来の https://www.xn--80ak6aa92e.com に変わります。
20170419-1.png

20170419-Firefox_before1.png
20170419-Firefox_before2.png

Firefox 52.0.2 ; 対応後

about:config にて設定変更。
network.IDN_show_punycode true に変更(ダブルクリックで可)。
20170419-4.png

URLバーの表記が本来のモノになりました。 .:゚+☆⌒(*^ー゚)b グッ!!
20170419-3.png

20170419-Firefox_after1.png
20170419-Firefox_after2.png


Safari 10.1 では?

macOS Sierra 10.12.4 での最新バージョンである Safari 10.1 (12603.1.30.0.34) での結果は以下の通り。

現状で本来のURLが表示され、この件に関しての対応は不要の模様。
20170419-safari-1.png

お決まりですが、本エントリーの内容については、自己責任の元 お試し下さいね^_^;。

では(^-^)/~