りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP10.9 Mavericks ≫ Macをマルウェアの脅威から守る上での最低限の確認事項!

Macをマルウェアの脅威から守る上での最低限の確認事項!

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

近頃、Macを対象として「iWorm」と云うマルウェアが猛威を振るっているとの事です。
JavaW』と云うモノが、以下に存在していなければ 感染していない様です。
/Library/Application Support/JavaW

さて、本題です。
過去のエントリー 『Mac OS X の マルウェア対応』にて、OS X 独自のマルウェア対応方法について書きました。
簡単に云えば、マルウェアの定義ファイルを OS X でも 保有して 定期的に Mac 内部で自動アップデートして対応している、と云う事。

しかし、そんな便利機能にも落とし穴が有ったのです。正確には ユーザー設定で、該当機能を無効にしてしまっている恐れが有る、と云う事なのですが。

さて、その マルウェア対応関連のデータの自動アップデートの有効/無効設定は、
システム環境設定 > App Store の中に有ります。

以下の様に『システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール』と云う項目にチェックが入っている事が必要です。
20141008-0945am.png
これを機に、確認してみる事を お勧め致します^_^;。


(参考)
ちなみに、Mac OS X 10.9 Mavericks では、 マルウェア定義データベース「XProtect.plist」及び「XProtect.meta.plist」 は 、以下の 手動(強制)アップデート が効かない様です。
sudo /usr/libexec/XProtectUpdater

sudo /usr/libexec/XProtectUpdater を実行するとコマンドが無いとして怒られます (T-T)。
なので、自動アップデート頼みです^_^;。
まぁ、厳密には データを直接ダウンロードする手法も有る様ですが、そこまでは....^_^;。

また、Mac OS X 10.9 Mavericks での「XProtect.meta.plist」には『 LastModifiction 』と云う項目が存在しない為、Macのウイルス定義データベース「XProtect」のアップデートを『 通知センター 』 に通知する方法『How to monitor XProtect updates in OS X』は、正常に機能しないようです。( 当方の環境ですが ^_^; )


では (^-^)/~
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL