りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPMac_Application ≫ Mac での Exif情報の編集/削除アプリを導入 (Photo Meta Edit.app)

Mac での Exif情報の編集/削除アプリを導入 (Photo Meta Edit.app)

どーも、Ryoです♪

今まで カメラ (一眼レフ)は、初代EOS Kiss Digital を長らく使ってきました。 しかし、カメラのFinderの視野率が低くて見難く感じる様になったり、不具合が散見される様になり、モデル末期?で熟成が進んで安価になっている 7D を購入しました。

それで、撮影した画像をサイトにアップロードしていて気が付いたのですが、Exif情報にはGPS情報のみならず、カメラの固有情報の類いとか 問題のある情報が書込まれている事を今更ながら知りました。

と、云う訳で、 Mac での Exif情報の編集/削除アプリを導入を図ったわけです。
でも、Mac環境だと、あんまりアプリが無い様なんですよね。 まぁ、探し方が悪いのかもしれませんが^_^;

結局、導入したのは、Mac App Stoe 経由で 導入した Photo Meta Edit.app です。
20130318-1253pm.png
この手のアプリは編集も出来るモノだと有料アプリになってしまう様ですが、日本語の表示で、割りと安価な本アプリを選びました。 価格ですが、 今は¥350 の様です。

Exifを編集してもイイのですが、確実に手っ取り早く対処する為に、Exif そのものを削除する事に。
20130318-1238pm-s1.png

ただ、Exif情報を全て(原画像の生成日時?)を削除すると、初期設定の状態だと、他のアプリで確認した際に 画像の撮影日時まで 変更(更新)されておりました!(>_<)。

本アプリ上だと、以下の TIFF項目の『編集日時』が 更新されてしまう様です。
どうやら、この情報は Exif情報が無い場合は『撮影日時情報』として取り扱われる様です。
20130318-1237pm-s1.png

その『編集日時』が 意図せず更新されてしまう現象は、本アプリの環境設定を変更する事で対処出来ました。

環境設定 > ファイルを保存するとき 『保存時間に自動設定する』項目から
『TIFF編集日時』のチェックを外すと良い様です。
20130318-1232pm-s1.png
TIFF項目の『編集日時』は 更新されなくなり、Exif情報を全て削除した際に、撮影日時を保持出来る様になります。(必要に応じ、好きな日時に設定出来る様にもなりますネ。)

これで完了です。 .:゚+☆⌒(*^ー゚)b グッ!




関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL