りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP10.12 Sierra ≫ AppleのNTPサーバで、実際に指定されるサーバが変更されるタイミングについて調べてみた

AppleのNTPサーバで、実際に指定されるサーバが変更されるタイミングについて調べてみた

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

Mac の システム環境設定 > 日付と時刻 の設定にて、Apple の NTP サーバ の『 Appleアジア(time.asia.apple.com.) 』を指定しているものの、『【macOS Sierra 10.12】気が付いたら時計がズレていた件 』での確認中、実際に指定されている NTPサーバが1種類ではなく 度々 変わっている事に気が付きました。

terminal.pngターミナル.app を起動し、下記のコマンドを実行し確認。
ntpq -p

20170206-1.png
『 Appleアジア(time.asia.apple.com.) 』を指定しているものの、以下の3種のモノの何れかに 度々 変わり得る模様。

jptyo5-ntp-001. .GPSs.
jptyo5-ntp-002. .GPSs.
krseo1-ntp-001. .GPSs.


コマンド ntpq -p の実行結果表示の意味も、過去記事『Macで任意のNTPサーバを指定し、自動時刻合わせを確実にする方法』にて紹介していますので 宜しかったらどうぞ ^_^;

と、言う事で、どのタイミングで変更され得るのか調べてみた。

一度ログアウト 、再ログイン時

→ 変化無し。


macOS の再起動

→ 変化し得る。

起動時、 /usr/libexec/ntpd-wrapper というシェルスクリプトが呼ばれて、スクリプト内で 最終的に ntpd プロセスが実行される。


システム環境設定 > 日付と時刻 の『日付と時刻を自動的に設定』項目 ;
   チェックを一度 アンチェックし 再度 チェックを入れる。

→ 変化し得る。
20160529-1.png

アンチェック時に ntpd プロセス が一度終了し、再チェック時にntpd プロセス が再始動する模様。  結果、変化し得ると言う訳の様だ。

実は、これは 2016年05月29日の過去記事『Macの時計がズレた際の対処法』にて、Macの時計ズレを直す方法として書いた内容そのもの。 当時は当方もNTPサーバに関する見識も全く無く、感覚的に判った事を紹介しただけだった訳だが、事の理由が今になって判明した次第である。 (今回、画を使い回していますw)


ntpd プロセス の強制終了 操作時。

→ 変化し得る。



以上、どうでもイイ情報でした^_^;。
時刻に不調を感じたら、再起動 か、システム環境設定 > 日付と時刻 の 『日付と時刻を自動的に設定』項目を一度 アンチェックする事で改善される可能性が有るかもしれないですね。
↑ 無責任モード ^_^;

では(^-^)/~
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL