りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP10.12 Sierra ≫ とうとう、macOS で画面の透過処理をONに戻して使う事に。 但し、壁紙のデータを変更。

とうとう、macOS で画面の透過処理をONに戻して使う事に。 但し、壁紙のデータを変更。


どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪


画面の透過処理に馴染めず....

現在の macOS 10.12 Sierra も Mac OS X 10.10 Yosemite 以降、画面が透過処理される様になっております。 iOS 10 の表示スタイル(UI)の様な感じです。 自分は Yosemite のリリース時には馴染めず 速攻で その処理を無効にしました^_^;。

当時のエントリー → OS X 10.10 Yosemite で 画面の透過処理をOFFにする方法

馴染めない理由の第一が、メニューバーの表示が見難くなる事。 これは メニューバー上に iStat Menus 5 のアイテムを表示させている事に起因します。 つまり、iStat Menus のアイテムの表示が見難いわけなんです ^_^;。  第二に アクティブウインドウを透過し 非アクティブウインドウが非透過 と言うスタイルになり、それまでの流儀とは反対の動作になり違和感を憶えた事が主な理由でした。

時代の流れには逆らえないか.....

まぁ、時間の経過と共に慣れてきたと言うか 諦めもあり、そろそろデフォルトの透過処理が行われる状態で使用しようかと思う様になってきた次第であります。 ただ、メニューバーが見難いのは、何とかならないかと思ったところ.....。

透過を逆に利用すれば良いじゃ〜ん ! ! と思った。

メニューバーがオーバーレイする壁紙のデータ部分を予め『白』で着色してしまえば、透過した結果『白』のメニューバーになる筈。 (・▽・) ソウカッ!

1)システム環境設定 > アクセシビリティ ;
    ディスプレイ の 『透明度を下げる』をアンチェック (デフォルト設定)。
20161205-1.png

2)当然、以下の様になります。 メニューバーのアイテムが見難いっす(+_+)。
20161205-2.png

3)壁紙のデータに細工をした結果 (^^)v
メニューバーの アイコンなどの情報が見易くなりました。
20161205-3.png
当方のMacは 画面解像度 1400 × 900 px ですが、この解像度の場合は上部から 22pxのエリアがメニューバーとして表示される様です(スクリーンショットでの確認^_^;。)。
従って、上部方向から 22px / 900px 相当分を均一な色で予め着色した壁紙データをデスクトップのバックグランドとして指定すれば完了、と言う訳。
自己満足の世界www

宜しければ、自己責任の元 トライしてみてくださいね^_^;。


そうそう、誰か、壁紙データを前述の様に細工し、メニューバーの色(模様?)を任意に変更出来るアプリを作成していただけないでしょうか(^^?
いちいち、壁紙のデータを変更するのは面倒なので(笑)。


ではでは(^-^)/~

関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL