りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP10.11 El Capitan ≫ 【備忘録】OS Xのウィルス定義データベース「XProtect」の手動更新方法

【備忘録】OS Xのウィルス定義データベース「XProtect」の手動更新方法

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

久しぶりの更新であります^_^;。

さて、今回は OS Xのウィルス定義データベース「XProtect」の手動更新の方法を。

ウィルス定義データベース「XProtect」とは、 ブラックリストの様なモノで『適時』更新されます。

過去の関連エントリー;
 これも OS X 10.11 El Capitan でのセキュリティ強化の一環?


更新は『適時』自動更新されますが、 ニュースなどで OS X の ウィルス定義データベース「XProtect」がアップデートされた事を知って、自分の環境が未更新だった際に 強制的に更新したい思いに駆られる事が有る事と思います^_^;。 
Σ(゚Д゚;)エーッ! 無い ? まぁ、それは \(^_^\)(/^_^)/ ソレハコッチニオイトイテ。

そんな際の対応方法です(OS X 10.11 El Capitanの場合です)。

1. バージョンは以下のdefaultsコマンドで確認可能。
 terminal.pngターミナル.app を起動し、以下のコマンドを入力後、 実行 (returnキー 押下 )。
defaults read /System/Library/CoreServices/XProtect.bundle/Contents/Resources/XProtect.meta Version
   現時点の最新であれば、『2076』と表示されます。
追記(2016年03月09日)
(注意) バージョン確認コマンドは上記OS X 10.11 El Capitan用は、あえて憶える必要が無くなっていました。 OS X 10.10 Yosemiteまでの確認コマンドで統一(使用)可能となっています。
詳細は、エントリー『OS X のウィルス定義データベース「XProtect」絡みで新事実が判明 !』参照。




2. 強制 アップデート方法
 terminal.pngターミナル.app を起動し、以下のコマンドを入力後、 実行 (returnキー 押下 )。
sudo softwareupdate --background-critical

 必要に応じ、前述の方法にて バージョンを確認すると安心かと思います ^_^;。


では(^-^)/~

追記; 2016年03月07日(月)18時32分
ウィルス定義データベース「XProtect」の v2076 へのアップデートは、ランサムウェア「KeRanger」への対応だった様です。 ((((; ゚Д゚))) コエー

 https://ja.wikipedia.org/wiki/ランサムウェア

ランサムウェア(英語: Ransomware)とはマルウェアの一種である。 これに感染したコンピュータはシステムへのアクセスを制限される。 この制限を解除するため、マルウェアの作者へ身代金の支払いが要求される。


詳細は以下より。
BitTorrentクライアント「Transmission」に潜み、ユーザーのファイルを暗号化し身代金を要求するMac初の完全なランサムウェア「KeRanger」が発見される。(by Appleちゃんねる)

週明けからC&Cサーバーとの通信が始まる、Mac初の完全なランサムウェア「KeRanger」への対策。(by Appleちゃんねる)
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL