りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP10.11 El Capitan ≫ Mac ( OS X El Capitan) の検索機能 Spotlight で役立つTips

Mac ( OS X El Capitan) の検索機能 Spotlight で役立つTips

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

Macでの Spotlight 検索機能についてです。
spotlight-1.png

Spotlight と云うのは非常に優れた検索機能で、必要な情報を即座に呼び出す事が出来ます。
更に、OS X 10.11 El Capitan では、ユーザーがSpotlight 検索ウィンドウを適時 好きな位置に配置出来る様になり、その配置位置やサイズ設定も記憶可能で利便性が向上。 また、Mac内部のデータ検索のみならずWebデータの検索も可能となりました。
ちなみに、OS X 10.10 Yosemite では、Spotlight 検索ウィンドウが画面中央固定で非常に不便の為に Spotlightを使う気にもならず Alfred を替わりに使用してました(笑)。

起動方法
メニューバー上の『虫眼鏡』アイコンをクリックするか、
  デフォルトでは、command ⌘space の ショートカットでSpotlightが起動。
20160117-1.jpg
   ショートカットは OS X 10.11 El Capitan から変更が入り、自分は馴染めない為に
   以下の設定箇所にて変更しています^_^;。
     システム環境設定 > キーボード > ショートカット > Spotlight


知っていると便利なTips
1) メニューバー上の『虫眼鏡』アイコンの長押し。
   → Spotlightウインドウの表示位置(サイズ)が初期化出来ます(^^)。
20160117-5.png

2) 候補選択状態からreturnキー 押下。 或いは、ダブルクリック 。
   → 然る可きアプリにて起動。 (アプリの場合はそのアプリ自身が起動)。
    一度 実行したモノは候補順もSpotlightが記憶し、次回より簡易ランチャーとなる。
     ( 例: f と入力すれば 候補No.1に Firefox が表示。 returnキー押下で Firefox起動)

3) 候補をDESKTOP上にドラッグ&ドロップ する 。
   → DESKTOP上にアイテムがCOPYされる。(書類を複製して使用する際に便利)

4) command ⌘delete のショートカット実行。
   → 検索入力文字列を一気に全て消去可。

5) 候補選択状態から、
  command ⌘ を併せて押下 → アイテムの保存場所を表示(ウインドウ右下部)

6) command ⌘i  → 情報を見るウインドウが開く。

7) command ⌘R  → オリジナルを表示

8) command ⌘L  → 辞書アプリでの該当内容をSpotlightウインドウ内に表示。

9) command ⌘D  → 辞書アプリで開く。

10) command ⌘B  → デフォルトのWebブラウザで開く。

Finder での ショートカット同様のモノも有る為、憶え易く役に立つ事と思います^_^;。

更に、他のショートカットを知りたい際には、Finder のメニューバー の『ヘルプ』の検索窓に『spotlight』とでも入力し『Spotlight のキーボードショ...』との検索結果候補を選べば、『Spotlight のキーボードショートカット』情報にて、更に知る事が出来ますよ(^^)。

11) 検索対象はPDFに対しても有効。
システム環境設定 > Spotlight 設定にて、検索結果として『PDF書類』も有効にする必要が有りますが、 例えば、Webの情報を証拠としてキャプチャ保存する際に画像ではなく PDF で保存すれば、後で Spotlight 検索がファイルの中の単語(テキスト)に対しても可能となり便利です。


注意点(プライバシー関連)
ただ、便利さと引き換えに、ユーザ情報の一部を Apple や Microsoft の Bing 検索エンジン に伝える事が必要の模様です。  システム環境設定 > Spotlight の以下のところから詳細を知る事が出来ます。
20160117-4.jpg

情報が渡るのを望まない場合は、Mac のシステム環境設定 の 2箇所 の設定変更を要すとの事。

1) Spotlight > 検索結果 タブで、『Spotlight と“調べる”で Spotlight の検索候補を許可』と『Bing Web 検索』をアンチェックし解除。(上図の状態)

2) セキュリテリとプライバシー > プライバシー で、 左側のリストの『位置情報サービス』をクリック後、 右側のリスト内の『システムサービス』の横の 『詳細...』をクリックし 『Safari および Spotlight の検索候補』をアンチェックし解除すれば良いとの事。

その結果、Spotlight での検索対象は Mac内部のデータのみに制限される事となりますが^_^;。


と、云う事で 役に立つかもしれない情報でした^_^;。


では(^-^)/~
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL