りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPAccessory ≫ 長年 愛用していた Canon のプリンター iP7500 が壊れた(T_T)

長年 愛用していた Canon のプリンター iP7500 が壊れた(T_T)

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

タイトルどおりなのですが、長年 愛用してきたCanonのiP7500と云うプリンターがお亡くなりになったようです(T_T)。
 〜 参考 ; Canon iP7500 仕様 のリンク(Canonのサイト) 〜
このプリンターは 発売されたのが 2005年10月上旬のモデルで 発売後に程なくして購入した記憶が有るので 丁度10年間 頑張って頂いたものです。 その間は特にトラブルも有りませんでした。
最近の OS X 10.11 El Capitan 環境 からも使用していた矢先の出来事でした。
 〜 参考 ; 当BLogでの iP7500関連の過去エントリー 〜

故障内容は黒の顔料ノズルが完全に機能しておらず、文字の印刷が不可になった事です。
テスト印字させると、顔料ノズルの箇所が全く(綺麗に?)印字されません。
プリンターユーティリティから クリーニングを実施しても解消せずでした。
このモデルは既にメーカーによるサポート(修理)が終了している為に、自力で行える事を模索してみる事にしました。

1)このプリンターのヘッドは『QY6-0062』と云う品番のモノのようですが高価な価格で取引されている様でパスw。

2)印字されない要因として、単純なヘッドの目詰まりの可能性も有り、その場合は 洗浄液によるクリーニングで復帰する場合が有る、との事。 フムフム…(*゚ー゚)(*。_。)ナルホド…。

只、その種のモノは、洗浄液に半日以上 漬け込んでインクが溶解してくるのを、ひたすら待つものが大半で、セッカチ^_^;なので、その様なタイプはパスw。

選んだのは『サンワサプライ プリントヘッドクリーナー INK-CANCL20』と云うもの。
これは、ノズルのインク注入部に注射器で(チューブを介して)洗浄液に圧力を掛けて洗浄出来るモノです。

20151122-.png
      (上記画像はサンワサプライのサイトから拝借)

実際にインク注入部にチューブを接続した画像が以下。
th_20151123-1.jpg
後は チューブに注射器を繋いで圧力を掛けて洗浄作業を実施しました。 黒い液が出てくるわ(^^)。 情報によれば一度では復帰しない場合も有り、数度洗浄をして復帰したケースも有り、との事で 3回 洗浄を実施しました。(この工程は カメラが汚れてしまうので撮影は割愛w)

で、外して洗浄したプリンター ヘッドを 本体に戻し、再度 ユーティリティからクリーニングを実施後、テストプリントを実施 !!

結果は、 ...... ガ━━Σ((  д ) ゚ ゚━━ン!!

ダメじゃん。 相変らず 顔料のノズル該当部だけが全く印字されない(T_T)。
全く変化無しで カスレ状態にもならない.....。

買替えか...... (。-´ω`-)あ〜…。

では ヾ(*´・∀・[.:゚+またね.: *:]
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL