りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPCPU ≫ Macの発熱を抑える?アプリ!

Macの発熱を抑える?アプリ!

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

暑いのが苦手なRyoです ε-(´o`;A アチィ。  寒さは、もっと苦手ですが ^_^;

さて、Macの発熱をアプリで抑える方法が有るとの事。

ところで、MacのCPUはIntel製ですが『Intel Turbo Boost Technology』と言う技術が入っています。
それは動作周波数を定格周波数より高速に動的に(ダイナミックに)変化させてプロセッサーを動作させる機能で、プロセッサーを電源, 温度, 電流仕様の TDP (熱設計電力: Thermal Design Power) の限界未満内(瞬間的なオーバーは許容)で動作させ、より高パフォーマンスを実現するものです。

人間に例えるのなら、常にキャパ以上の事を要求されて頑張っても体力(気力?)が持たないので 、小まめに休憩を取り、その替わりにヤル時はヤル、と言う感じでしょうか? 違う?

前置きが長くなってしまいましたが、その『Turbo Boost』を一時的に無効にし(CPUの動作周波数の上限を定格周波数に固定)、頑張らせない様にするのが『Turbo Boost Switcher』と言うアプリです。

TurboBoostSwitcher.png
 アプリの入手はこちらから。
但し、本アプリのバージョンは上記Webサイトの表記や
アプリ起動状態から About.... で確認すると v1.2 と
 なっています。
 しかし、Finder で確認すると v1.0 と表示されます。




本アプリを起動すると、メニューバー上に
 本アプリのアイコンが表示されます。
  (そこから Turbo Boost のON/OFF等の設定変更などの操作が出来ます)


それでは、以前に紹介した、IntelのCPUの実際の消費電力/動作周波数診断出来るアプリ『Intel® Power Gadget』にて効果を確認してみました。  但し、物凄く アバウト な確認です ^_^;。

『Turbo Boost Switcher』を使用し、Turbo BoostがONの通常時とOFF変更時で、各々 Photoshopを起動させて 画像を開いた数秒後にPhotoshopを終了と言う条件のもと、 OS X 10.10.3 Yosemite 環境の MacBook Air(Mid2013)で試してみました。

20150624-2132pm-1.png

確かに、温度の抑制効果は有る様です。 少しでも温度を下げたたい時には有効かもしれません。
ただ、操作に若干 引っ掛かりを感じますね^_^;。
まぁ、それは『Intel Turbo Boost Technology』の凄さを逆に証明する事かもしれませんね。

(注意)なお、お決まりですが、トライは自己責任の元、お願いしますね^_^;

では(^-^)/~
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL