りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月

気軽に聴く際のインナーイヤーヘッドホンとしてオーディオテクニカATH-CKR50を購入

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

インナーイヤーヘッドホン は オーディオテクニカのATH-CKM99を使用しています(^^)。
これは、ATH-CKM99としては2個目の購入となるものです。最初に購入したモノは壊れてしまい過去に『壊れたATH-CKM99が復活した件』なるエントリーを書いた次第です。 お気に入りのモデルだったので、その後は暫く使用していたのですが2個目を購入し現在に至っています。 ただ、既に生産終了品となっているんですよね〜 ^_^;。

そこで、寝転びながら気軽に聴く際の お手軽な インナーイヤーヘッドホンを探す事に^_^;。

予算は約5000円として 近所の電器屋で試聴しながら決めました。 ただ、田舎の電器屋なので 取り扱い品も少なければ、 更に 試聴可能なモデルの数も少ない !!
予算オーバーだったのですが、 JVCのHA-FXT200あたりもイイかなぁと。
結局、購入したのは、またもや オーディオテクニカ製 ^_^;。

そのメーカーの ATH-CKR50 BK (スティールブラック) と云うモデルを購入。
店頭価格 税別4980円 でした。

ATH-CKM99の謳い文句は『ハイブリッドメタル構造とケースダンパーで 不要共振を遮断し澄みきった高音質再生』。
対する今回のATH-CKR50の謳い文句は『解像度の高い中高域と 豊かな低域表現』。

普段聴いている Rippingtons や Lee Ritenour や 国府弘子等のフュージョンや ヴォーカルは 最近の方は聴かないので Linda Ronstadt などで確認しました^_^;。 ATH-CKR50 は、低域から高域までバランス良く再現され歪み感も少なかったので購入する事にしました。 色は、 シャンパンゴールドやディープブルーやイエローゴールドやピンクゴールドやメタリックレッドも有ったのですが、あえて渋い色を選択。 メタリックレッドも良かったかな? ^_^;。
20170422-1-.jpg
色は 品番的には『BK』と黒色の様な印象を受けますが、 ガンメタリックの様な感じですね。

20170422-2-.jpg
ケースではなくポーチが付属しています。 出し入れ口の箇所にバネが有り、押さえる様に閉じるので取り扱いが容易ですね。

20170422-3-.jpg
交換用イヤーピースとして XS、S、M、Lの各サイズが付属。 初期状態で装着されているのはMサイズ。

20170422-4-.jpg
左が 今回 購入した ATH-CKR50 BK で、右側が かねてから愛用の ATH-CKM99 です(^^)。



では(^-^)/~
スポンサーサイト



目視判断不可なURL偽装に対してのFirefoxでの対策

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

情報元はGigagineです。
通常、URLが意図通りの正しいサイトか否かはWebブラウザのURLの表示を見て判断している筈ですが、URLの表示で Unicode で書かれた文字列をDNS内の制限された文字コード空間でも使えるようにする為の方式「Punycode(ピュニコード)」を悪用し「homograph attack(ホモグラフ攻撃)」を進化させた手法がフィッシング詐欺の手法として Mohit Kumar氏が指摘との事。

This Phishing Attack is Almost Impossible to Detect On Chrome, Firefox and Opera

Punycode とは、 英数字とハイフン 以外の文字で記載されたURLを 英数字とハイフンの組み合わせのみで表現できるように変換する技術の事。

2017年1月20日にChromeとFirefoxに報告済みで、Google Chrome 58 で修正される予定、との事。
Firefox に於いては、Punycodeの自動変換 OFF への設定変更でユーザー側で対応可との事。


フムフム…(*゚ー゚)(*。_。)ナルホド…。
試してみます^_^;。

以下は Mohit Kumar氏作成のデモページです。
実際のURL : https://www.xn--80ak6aa92e.com

Firefox 52.0.2 ; 現状(対応前)

Webブラウザ上のURL : https://www.apple.com/  に Σ(`□´ ;)ゲッ!!
これは、ヤバい!!
ただ、URLバーをマウスオーバーすると、表記が一時的に本来の https://www.xn--80ak6aa92e.com に変わります。
20170419-1.png

20170419-Firefox_before1.png
20170419-Firefox_before2.png

Firefox 52.0.2 ; 対応後

about:config にて設定変更。
network.IDN_show_punycode true に変更(ダブルクリックで可)。
20170419-4.png

URLバーの表記が本来のモノになりました。 .:゚+☆⌒(*^ー゚)b グッ!!
20170419-3.png

20170419-Firefox_after1.png
20170419-Firefox_after2.png


Safari 10.1 では?

macOS Sierra 10.12.4 での最新バージョンである Safari 10.1 (12603.1.30.0.34) での結果は以下の通り。

現状で本来のURLが表示され、この件に関しての対応は不要の模様。
20170419-safari-1.png

お決まりですが、本エントリーの内容については、自己責任の元 お試し下さいね^_^;。

では(^-^)/~