りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2016年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年10月

無印良品の『ステンレス保温保冷マグ』とThermosのカバー購入 (*^_^*)

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

今回はMacネタじゃ、有りません^_^;。

我が家では水筒の類いは自分用を含め 全てサーモス製品を愛用していますが、シンプルなモノが殆ど無いのが唯一の悩みどこ ^_^;。
実は 1年程前から色々と物色していたのですが、この度、無印良品から『ステンレス保温保冷マグ』が販売されたとの事。 正確には過去に類似の『組合せできる ステンレス保温保冷携帯マグ』が有った事から再販と言う位置付けの様です。

これは購入するしかない ヾ(`・ω・´)ゞ オー!!
商品の種類は2種類がラインナップ。
容量 350mlタイプ が ¥2400(税込み)。 容量 500mlタイプ が ¥2900(税込み)。
取説の直リンクはこちら

実物を見るまでは500mlタイプと決めていたのですが、店頭で展示sampleを見たら 350mlが手ごろで良いなぁと思ってしまい、350mlタイプを購入してしまいました(^^ゞ。
20161019-1.jpg

さて。 カバーが欲しくなるのが人情(笑)。
無印カラーと思しき色のモノをチョイス。
装着した感じが以下。 どうかな?
20161019-2.jpg

実はカバーは『サーモス』製なのです。
マイボトルカバー/APD-350 レッド(R) 』と言うモノ。
回転させると以下の様にロゴが見えます ^_^;。
無印良品のマグの取説を見ていたら、取説の作り方で、この商品の製造元はサーモスだと確信。 そこで サーモスのWebサイトで確認したら サイズ的に 丁度 適合するモノを発見した次第であります ^_^;。 無印良品のマグの直径は約6.5cm。 対するサーモスのカバーはJNL 0.35L専用との事ですが その水筒のサイズは直径約6.5cm。  Σd(≧▽≦*) OK!
20161019-3.jpg

ちなみに、飲み口の形状は以下の様になっており、直径約5mm以上の氷などが流出しない様なスリットになっていますね。
20161019-4.jpg

未だ、飲み物を実際に入れてはいないので、使用感は未だ分かりません <(_ _)>。


(注意)無印良品の本製品がサーモス製と言うのは個人的見解です。
また、サーモス製カバーの装着の件も自己責任の元、お願い致します。
本Blogの情報を用いて行う一切の行為について、当方は何ら責任を負うものではありません。


では(^-^)/~
スポンサーサイト



【macOS Sierra 10.12】Finderの[移動]メニューからのユーザライブラリへのアクセス方法は、ちょっとオカシイ仕様かも?

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

以前、『macOS Sierra 10.12 でユーザライブラリへのアクセス方法が変更は当方の環境だけ?』なるエントリーで、Finder から、メニューバーの 『移動』項目で『ライブラリ』へのリンクが表示させる際の方法に変更が入った旨を取り上げました。

従来、option キー を押しながらで可能だった仕様が、
macOS Sierra 10.12 からは、shift キー を押しながらに変更、 更に、新たに『shift + command + L』がショートカットとして割り当てになった事を挙げました。


しかし、旧来どおりのoption キーでのアクセスが正規の動作なの?

Web界隈でも 当方の環境依存の症状の様な印象が有りました。
macOS Sierra 10.12 でユーザライブラリへのアクセス方法が変更は当方の環境だけの件(続報)

あっぷるちゃんねる さんの『macOS 10.12 Sierraで「ライブラリ」ディレクトリにショートカットキーで移動する方法。』なるエントリーでも 旧来どおりのoption キーでアクセス可能で有るとの情報。 orz

同じ 当方のMac でも、他のユーザーアカウント上では 旧来通りの挙動と云う事が判明し気持ちが悪い為に ユーザーアカウントの作り直しを敢行した次第なのであります (;´д`)トホホ…。

原因が判明 !

Finderでホームディレクトリを表示している際に設定可能な「”ライブラリ”フォルダを表示」オプション の設定と、 その設定後に Finder を再起動(一度 ログオフ)しているか否か、と言う事が動作の違いの原因。

OS X 10.11 El Capitan までの動作

optionキー を押しながら、
Finder から、メニューバーの 『移動』を選択する事で『ライブラリ』へのリンクが表示。
ショートカットの割り当ても無し。
20160922-5.jpg

この動作は、ホーム表示時に『ライブラリ』表示を可能にする為の、[表示オプションを表示]メニューの「”ライブラリ”フォルダを表示」オプションの設定 の影響は受けません。(ホームディレクトリを表示している際のみ設定可能)
20161016-1.png


macOS 10.12 Sierra での動作

(1)初期状態。
『ライブラリ』表示を可能にする為の、
 [表示オプションを表示]メニューの
 「”ライブラリ”フォルダを表示」オプションの設定がOFFの場合。

   → OS X 10.11 El Capitan 同一の動作 (上図 参照)
          ショートカット割り当ても無し。


(2) [表示オプションを表示]メニューの
 「”ライブラリ”フォルダを表示」オプションの設定をONにした直後。

  ( ログオフ / Finder再起動 が、未実行の状態 )

特に、option キーを押す必要も無く、単にマウスオーバーするだけで 下図の様に『ライブラリ』へのアクセスが常時表示されます。 新たに『shift + command + L』がショートカットとして割り当てされ、機能もします。
20161016-2.png


(3) 一度、ログオフ(Finder再起動)を実行。
常時 表示は止めとなり、shift キー を押しながら、
Finder から、メニューバーの 『移動』を選択する事で『ライブラリ』へのリンクが表示。
『shift + command + L』がショートカットとして割り当てになっています。
20160922-6.jpg
option キー を押しても反応せず。
これはAppleの意図通りなのか、バグなのか? (-ω-; ムム…

上図は正に『macOS Sierra 10.12 でユーザライブラリへのアクセス方法が変更は当方の環境だけ?』なるエントリーの状態です (´・ω・`)=з。

※ 本件が 当方の環境依存では無い事を確認する為に、Blog『りんごが好きなのでぃす』の、なかのひと @kujax130 さん の絶大なる協力を得て検証致しました。 感謝です。


では(^-^)/~


macOS Sierra の ログイン画面でゲストユーザが表示されていなかった件

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

macOS Sierra になって、ちょっと違和感が有りました。
ログイン画面で『ゲストユーザ』の選択肢が表示されていなかったのです。

『ゲストユーザ』環境とは、一時的な環境で作業が終了すれば ログオフ時に 環境を破棄出来るので、文字通り ゲストユーザ向きの環境なのです^_^;。 当方では、動作がオカシイと思った際などのテスト環境としても使っています^_^;。

システム環境設定 > ユーザとグループ  を確認しても、
 以下の様に該当箇所にはチェックが入っているし.....。 (?_?)
20161001-4.png

Mac を再起動しても相変らず表示されず。

試しに、上記設定の該当箇所『ゲストにこのコンピュタへのログインを許可』のチェックを一度 アンチェックし、再度 チェックを入れたら 無事に表示される様になりました。

\(^o^)/ヤッター!。

macOS Sierra では 同様の事例として、 メニューバー上にSiriのアイコンが表示されないケースも発生している様です。 この際も 該当設定(システム環境設定 > Siri 内の メニューバーにSiriを表示 )を一度 アンチェックする事で対応可との事。

では(^-^)/~


macOS Sierraでも、音声で Siriが起動可能に....

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

前回のエントリーでは、macOS Sierra 環境に正式に移行後に違和感を憶えて、新規ユーザーアカウントを作成し直してプチ引越しを実施した事を伝えましたが、その後は順調であります^_^;。

さてと、今回はMacでもiOS機器同様に 音声から Siriを起動出来る様にすると云うものです。 iOSでの『Hey Siri』の音声から Siriを呼び出す機能は便利な時も有りますよね。

macOS Sierra
20160615-1.png

元記事;
How-To: Enable hands-free ‘Hey Siri’ voice activation on macOS Sierra(9TO5)

Step 1: システム環境設定 > キーボード > 音声入力 を選び、
     『音声入力』を有効。
20161001-.png

Step 2: システム環境設定 > アクセシビリティ > 音声入力 を選び、
    『次のキーワードで音声入力を有効にする:』にチェックを入れる。

    その下部の入力欄に『Hey』と入力、
     上部の『音声入力コマンド...』のボタンを押す。
20161001-2.png


Step 3: 以下のウィンドウが開くので、
     左下の + ボタン を押し、

     音声コマンド ; Siri
     対象 : すべてのアプリケーション
     実施動作 : Finder項目を開く >
           アプリケーション選択画面から『Siri』を指定。

     『完了』ボタンを押して終了。
20161001-3.png


(-ω-; ムム…、滑舌が悪いせいか反応する事が少ないな.....。


アプリ版も有った模様です。
 HeySiri-macOS :
  https://github.com/matthijs2704/HeySiri-macOS
    (´ε`;)ウーン… 微妙。

iOSの様に登録時に個々の声のフレーズを学習させる様にしないとダメなのかな?


お決まりですが、自己責任の元 お試し下さいね^_^;。

ではでは。