りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2016年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月

初Mac (PM8500/132) を購入してから、20周年記念月(*^_^*)

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

今月で、 初Macを購入して Macな日々を送る様になってから 早20年が経過しました。

以前のエントリー『30th Anniversary Macintosh によせて』でも書いておりますが、人生 初のMacは PowerMacintosh 8500/132 でありました。 以下は自分のMacの映像では有りませんが、この様な感じで使用していました^_^;。

20140216-0313am.png

当時は世間的にはWindows95が普及した時代で、職場のパソコンも NECのPC-98シリーズから Winodws95のマシンに置き換わった時期だったと記憶しております。 そんな風潮の最中でも、個人で使うパソコンとして、職場で触れて慣れたWin機より 7色のリンゴのロゴに魅せられ Macintoshを選択してしまったのでありました。
購入したのは 某 柏市に有った T-ZONE で、夏のボーナスを充当して 一式をゲット。 購入の際に PM8500/150 か PM8500/132 にしようか悩んでいたところ、店長さんから『予算が限られているのなら、高速なCPUのモデルを選ぶより、その分のお金でRAM(メモリ)を増やした方が幸せになるよ!』との、有り難いアドバイスを頂いた事を今でも憶えています。 ちなみに、 PM8500/132の初期状態ではメモリは 16GBではなく、たったの16MBだった様な(笑)。
また、電源を投入してから OS(漢字Talk)が立ち上がり 使用可能な状態になるまで 約3分掛かったと記憶しております。 カップラーメンのタイマー替わりか?と思っていた程であります(笑)。

その様な、のどかな時代を経て 20年経過した今日に至るまで、Mac から他のPCに浮気をすることなく過ごしてきました。 今後は、Steve Jobs 無き今、Tim Cook 次第かもしれませんが^_^;。

そうそう、20年前のPowerMac 8500/132 購入時の記録として残存しているものは、以下のモノしか有りません^_^;。 なので 正確な購入日は不明なんです..... (;´д`)トホホ…
th_20160628--s.png

では(^-^)/~
スポンサーサイト



OS X のウィルス定義データベース「XProtect」絡みで、新事実が判明 !【続編】

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

以前、ランサムウェア「KeRanger」が騒がれた頃に OS X のウィルス定義データベース「XProtect」関連のエントリーを書きました。

そのエントリーの内容は、ウィルス定義データベース「XProtect」データの ターミナルからの バージョンの確認コマンドに於いて、OS X 10.10 Yosemite以前用の確認コマンド が、 OS X 10.11 El Capitan環境でも使用出来得る様に 互換性確保の変更が入っていた、と云うものでした ^_^;。

詳細 → 『OS X のウィルス定義データベース「XProtect」絡みで新事実が判明 !




ウィルス定義データベース「XProtect」データの 、『更新日』とは ?
MacのFinderで表示される『更新日』とは?
さて、今回は、 ウィルス定義データベース「XProtect」データの 『更新日』に関しての件です。
自分のMacのウィルス定義データベースが 最新か否かは、 情報サイト AAPL Ch. などの情報を元に、上記エントリーの様に データのバージョン番号を調べる事によって確認出来ます。
簡易的には、 Finderから、データを開いて 『更新日』の情報をもって確認する事も有ります。

ただ、その『更新日』の日付(日時)情報 には、落とし穴が有ったのです....。
これは、Windowsだったら発生し得ない事案かと。 Macの場合、オリジナルのデータを別の場所にCOPYしても更新日の情報は維持されてます。 これはデータ管理の面では便利なんですけどね^_^;。
さて、Macのデータ の新旧を見る情報として Finderに『更新日』の欄が有ります。 他には、『作成日』や『追加日』も表示出来ますが、デフォルトでの表示は『更新日』のみです。

前置きが長くなってしましましたが......。
デフォルトでの表示は『更新日』のみですが、『作成日』や『追加日』も表示してみた結果が以下。
 (ウィルス定義データベース「XProtect」データは青色で選択している箇所です。)
20160622-1.png

整理すると、当方のMacでの 直近のウィルス定義データベース「XProtect」データは以下の様な更新情報となります。
  ・作成日 ; Jun 21 2:54:04
  ・追加日 ; Jun 21 18:36:20
  ・変更日 ; Jun 21 2:54:04

つまり、標準状態のFinderで調べると、「XProtect」データは 自分のMacには 『変更日』である『Jun 21 2:54:04』に更新されたと 早合点してしまう様です。 
  それは σ(・ω・) .....。 (´・ω・`)ショボーン

     ところで、 XProtect.yara って名称のデータ、初めて見た気がするけど (?_?)

一方で、システム情報.app の ソフトウェア > インストール の表示結果は以下。
20160622-2.png
  ・インストール日 ; Jun 21 18:36:20

やはり、Finderの『変更日』情報は、当方のMacのデータの更新日ではなかった様です。
つまり、Finderでの『追加日』が 個人のMacの 実際のデータ更新日になっているんですね。
  勘違いしていたよ〜ん  (;´д`)トホホ… 。

では(^-^)/~


アップルに、どんどんフィードバックしよう!


どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪


先日の事ですが、フォロワーさんとの やりとりで 以下の様な事が.....。

アップルのWebサイトは、Appleの製品などの改善要望などのフィードバックのページが非常に分かり難いデザインになっているなと!! これは、我々ユーザ 、Apple 双方に好ましくない状況かと^_^;。
取り合えず、その旨を早速 各々でフィードバックしました^_^;。


フィードバック のリンクへの在り処
  (1)アップルのTopページなどから下部の『Appleの連絡先』をクリック!
    ここは 非常に分かり難いと思います。 おまけに見難いし.....。
20160621-1.jpg


  (2) 次に、開いた『連絡先』のページの右下部の『フィードバック』の箇所の、
      『ウェブサイトフィードバック』或いは『製品に関するフィードバック』を選択。

   ウェブサイトの問題などに関して → ウェブサイトフィードバック
   Appleの製品やサービスに関して → 製品に関するフィードバック
20160621-2.jpg

と、云う事で アップルに 不具合や改善要望などを どんどんフィードバックして ユーザの声を聞いて貰いましょう ! o(^-^)o

では(^-^)/~


iOS 9.3.2 環境で、充電しないとか 電源OFF状態のまま固まる不具合が散発!?


どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

連日の蒸し暑さに閉口している今日この頃であります ε-(´o`;A アチィ



さて、巷では、iOS 9.3.2 環境の iPhone 等で、充電しないとか 電源OFF状態のまま固まる不具合が散発しているらしいです。

・充電できない → 再起動したら直る。
・突然、電源OFF状態→操作しても無反応( 充電すら不可 )


20160618-.jpg


と、云う事で 本体/充電ケーブル/充電器が壊れたかと心配して慌てる前に......。
一度 本体を再起動してみる事をおすすめします !


実は、ウチに有る iPod touch 6th も 該当症状に突然なってしまい 焦りました (^_^;A。

しかも、 『突然、電源OFF状態→操作しても無反応( 充電すら不可 )』の症例でした... (/_;`)トホホ。

経緯は以下の通り。
1)いきなり、画面が真っ暗でしたので、Sleepしたのかな?と思って 操作するも無反応。
  (本体は熱くはなく異常動作した感じはせず)
2)起動させようとしても、起動せず。
3)バッテリーがゼロになってしまっていたのかと思い、充電させようとするも 充電不可。
  USB 簡易電圧・電流チェッカー RT-USBVA3 を使用して確認しても、電流は『0.00 A』のまま。
4)充電器 接続状態で、充電器の入力側のAC電源のOFF/ONを繰り返しても無反応。
5)諦めて、最寄りの『Apple正規サービスプロバイダ』を探してみる事に.....。
   本体の登録状況をWebで確認。 サービスプロバイダは週末に行く予定を思案....。
6) ダメ元で、本体の再起動を試みると 、無事に再起動 !! (´・ω・`)=з
   良かった〜です。
    (。´-ω・)ン?  時間が経過した事で直ったのか? (そんなアホな?


再発すると、面倒だな...... (。-´ω`-)あ〜…



では(^-^)/~


この秋に macOS Sierra が登場、とか。


どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

昨日(2016年06月14日) 2:00a.m. から開催された WWDC2016 では、この秋に登場するMacの新OSの話しも有りました。 それは、 watchOS、iOS、tvOS と併せて 4種のOSの新バージョンが 秋に一斉にリリースされるとの事。

macOS Sierra
20160615-1.png

Mac用のOSの名称は『OS X』から『macOS』と云う感じで、他のOSの呼称ルールに合わせる様に変更。  そして、コードネームは『Sierra』に!!

「macOS Sierra」の Sierra (シエラ) は、 アメリカ・カリフォルニア州のシエラネバダ山脈から拝借した様です。


まぁ、過去 『漢字Talk』 から『Mac OS』、『OS X』と名称が変わって来たので、「macOS」も 読みかた的には 過去の『Mac OS』の様で懐かしさも若干感じられますね ^_^;。

そうそう、今回の新しい 「macOS Sierra」の目玉は、スクリーンショットが示す様に iOSでお馴染の『Siri』搭載の様です(((o(*゚▽゚*)o)))。  他には『Universal Clipboard』と呼ぶ 、Mac と iOS機器間でのクリップボード共有機能なんてモノも搭載するようです (つ゚o゚⊂)オォ〜!! 。 なお、Appleのここで簡単に紹介されています。


・壁紙のダウンロード先(Mac用 , iPhone/iPad用 )

・Apple Beta Software Program 参加申し込みは、こちら
     iOS 10 Public Beta および macOS Sierra Public Beta


でも、また新OSリリース後はトラブルが多発するんだろうな....。 ようやく OS X 10.11 El Capitanも落ち着いてきたと云うのになぁ....。 (。-´ω`-)あ〜…


では(^-^)/~


Macで任意のNTPサーバを指定し、自動時刻合わせを確実にする方法

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

以前、『Macの時計がズレた際の対処法』と言うエントリーを書いた際に、フォロワーの @ytooyama123 さん に、Macでも時刻を合わせる為のNTPサーバを任意のモノに指定出来る事を教えて頂きました。 (つ゚o゚⊂)オォ〜!!
それまでは、Mac の システム環境設定内に有る設定では 選択肢から選ぶしか術が無いと思っていたのであります^_^;。

この設定の意図は、海外のサーバを利用せず ネットワークの経路的に有利な国内サーバを利用して安定化を図る事であります。

1)システム環境設定 > 日付と時刻 を開きます。
 次に『日付と時刻』のタブを開きます。
 大抵は以下の様に、『Apple アジア』が設定されている事と思います。
20160604-1-1.png

そこのサーバの設定箇所なのですが、通常はプルダウンして選択しますが、直接キーボードから入力して指定出来るとの事です。
具体的には、文字列を入力後、returnキー を押して設定が完了する仕様との事。

利用しているプロバイダが、NTPサーバを提供している場合は、それを利用した方が良いとの事。
提供されていない場合は、 『NTP/推奨公開サーバ』 あたりを参考にして決めると良いかもしれません。 普通は、『ntp.jst.mfeed.ad.jp』か『ntp.nict.jp』を指定すれば良い様です。

当方では、NTPサーバとして、『ntp.nict.jp』を入力し、return キー を押して終了(^^)。
20160604-2.png
一応、JST Clock を開いて時刻のズレ具合を確認してみると良いかと思います。


2)動作確認(マニア向け!?)
まぁ、通常は 不必要かもしれませんが、師匠から教えて頂いたもので....^_^;。
terminal.pngターミナル.app を起動し、下記のコマンドを実行。
ntpq -p

以下の様に、状態を確認出来ます。以下のは6時間経過後ぐらいに実行した例です。 直ぐにスクショを撮るのを忘れてしまったものでして....^_^;。
20160605-1-1.png

サーバの左に『*』が有る → 同期稼動中 の意味。
when → 最後のパケットを受信してからの経過時間。 単位[秒]
poll → 参照する間隔。 単位[秒]
reach → 過去8回の接続結果。  全て成功だと 377 (8進数)。
       同期した場合 1、同期不可の場合 0 として、
       全て同期成功だと、 11111111(2進数)ですが、
       表示の際は 8進数に変換されて表示され 377 となる。
delay → 通信の往復の遅延時間推測値。 単位[ミリ秒]
offset → NTPサーバとのズレ。 単位[ミリ秒]
jitter → 同期タイミングのバラツキ。 単位[ミリ秒]


では(^-^)/~