りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2015年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月

OS X 10.11 El Capitan での GeekTool の動作の件。(Appleロゴのカスタマイズの件)


どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

OS X 10.11 El Capitan にアップグレードしてからは、 OS X 10.10 Yosemite での件が有ったからか 特別な不具合は感じていません(笑)。

しかし、先日 El Capitan を v10.11.1にアップデートしてから、以下の様に Apple のロゴが.... (>_<)。
20151022.png

実は、通常は メニューバーの 黒いAppleのロゴを7色のリンゴのロゴに置き換えているのです^_^;。
7色のリンゴをオーバーレイ表示し、見た目を変えている訳ですが、ズ レ て い る ! (T-T)。

さて、メニューバーの Appleの黒いロゴを7色のロゴに置き換えているは、GeekToolと云うアプリです。このアプリはBlog『りんごが好きなのでぃす』の運営者である @kujax130 さんに 以前 教えて頂いたアプリです^_^;。
自分は、このアプリて、メニューバー上の Apple ロゴの置き換え(画像の表示) の他に、デスクトップ上に CPU使用率も表示しています。 通常状態は、先日のエントリー 『OS X 10.11 El Capitan でカスタマイズアプリが機能しなくなった件』でも、デスクトップの画を紹介しているとおりであります^_^; 。

当初、GeekTool の OS X 10.11 El Capitan対応版( v3.1.3 )へのアップデートと、ほぼ同時に OS X 10.11.1へのアップデートを行った為に 何れに起因しているのか判りませんでした。
El Capitan では セキュリティの為?に、メニューバー上に画像は配置出来ない様になったのか(^^?

さて、GeekTool をバージョンダウンさせて調べたところ、GeekToolの問題である事が判明。
(´・ω・`)=з

1)GeekTool v3.1.3 (for El Capitan 10.11) にて確認。
    ; 冒頭の症状発生状態(メニューバー上に画像配置不可)。
     正確には、一度メニューバー上のAppleのロゴに重なる様に指定しても、
     再Login や再起動の際の 再描写の際に、冒頭の様な位置にズレてしまうのです。
     設定画面上の『Enable』ボタンをON→OFF→ONさせても同様にズレます。

2)GeekTool v3.1.1 (for Snow Leopard 10.6 and after) にて確認。
    ; GeekTool の設定時にデスクトップが白色になる不具合有り。
       元々、オバーレイ表示させているモノしか指定(設定変更)出来ず。
       今回の画像の場合は 偶然 対処可 (^^)v。
       只、デスクトップ上に最背面表示しているモノは見れず(変更不可)。

と、云うことで、 GeekTool を v3.1.1にバージョンダウンし、 OS X 10.11.1 El Capitan にて使用しています^_^;。
GeekTool v3.1.3 との使い分けが必要かもしれませんが、 今のところ通常動作時には 以前の状態を再現出来ており、特に問題は無い様です^_^;。 Macの再起動や、再Login時にも無事に動作しています。
一応、拙い英語で開発元にはフィードバックしていますが、理解して頂ける事を切に願っています^_^;。

(注意)なお、お決まりですが、お試しされる方は自己責任で対応をお願い致しますね^_^;。
スポンサーサイト



これも OS X 10.11 El Capitan でのセキュリティ強化の一環?

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

OS X のウィルス定義データベース「XProtect」の件。

OS X 10.11 El Capitan になり、マルウェア定義データベース
「XProtect.plist」及び「XProtect.meta.plist」 は、以下の場所になっている模様。

OS X 10.10 Yosemite 以前 ;
/System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources/

OS X 10.11 El Capitan ;
/System/Library/CoreServices/XProtect.bundle/Contents/Resources/


これは推測ですが Yosemite以前までは アイコンなどのデータの格納場所と同一だった為に、意識無意識を問わず 変更操作されてしまう事を懸念した為の配慮だろうと考えています。 真実はAppleしか判りませんがね^_^;。

そうそう、その マルウェア対応関連のデータの自動アップデートの有効/無効設定は、
システム環境設定 > App Store の中に有ります。

以下の様に『システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール』と云う項目にチェックが入っている事が必要です。
20151021-1102am.png


以上、どーでもイイ情報でした^_^;。


OS X 10.11 El Capitan でカスタマイズアプリが機能しなくなった件

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

いつの間にか、朝晩は肌寒くなってきましたね ((>д< ;)))。

さて、OS X 10.11 El Capitan にて、導入された SIP(System Integrity Protection) と呼ばれるセキュリティシステムの影響で rootユーザーでも肝心なシステムファイルは変更出来ない様になりました。
その為、ユーティリティ系のアプリなど支障が発生している様です。

当方の事例では、アイコンのカスタマイズアプリの『LiteIcon.app』や Dockの外観をカスタマイズする『cDock.app』が該当しました。
LiteIcon.app』は以前にも『OS X 10.10 Yosemite の 眩しいフォルダーアイコンを替えてみた。』なるエントリーで紹介したように OS X 10.10 Yosemite で導入された 眩し過ぎる フォルダーアイコンを是正するために使用したアプリです。
これが、上記の OS X 10.11 El Capitan にて 導入された SIP の為に簡単には変更が出来なくなりました。

LiteIcon.app』を起動すると以下の画面が表示されます。
20151011.png
このままの通常動作だと、アプリやボリュームのアイコンしか変更出来ぬとの事です。
SIP が有効な為、肝心なフォルダーアイコンなどは変更不可との事 Σ( ̄□ ̄; ) ガーン。

また、『cDock.app』の起動時にも以下の様な同様な表示がなされました。
th_20151011-1.png


解決方法 ;
SIP(System Integrity Protection)を無効状態にし、該当アプリを起動し設定すれば良いとの事。
但し、所望の設定後はSIPを本来の有効状態に戻すべきです。

1)SIP(System Integrity Protection)を無効にする方法

(1)一度、電源OFF。
(2)リカバリモードで起動。(起動時に 併せて commandR キーを押し続ける)
(3)OS X ユーティリティが起動したら、メニューバー > ユーティリティから ターミナルを開く。
(4)ターミナルに以下のコマンンドを入力。
csrutil disable

そうすると、以下の様な表示となります。

-bash-3.2 # csrutil disable
Successfully disabled System Integrity Protection. Please restart the machine for the changes to take effect.
-bash-3.2 #


(5)そうしたら、以下のコマンンドを入力し、再起動し完了。
reboot

※この状態で、該当アプリを起動し、所望の設定状態にします。


2)SIP(System Integrity Protection)を再び有効に戻す方法。
(1)一度、電源OFF。
(2)リカバリモードで起動。(起動時に 併せて commandR キーを押し続ける)
(3)OS X ユーティリティが起動したら、メニューバー > ユーティリティから ターミナルを開く。
(4)ターミナルに以下のコマンンドを入力。
csrutil enable

そうすると、以下の様な表示となります。

-bash-3.2 # csrutil enable
Successfully enabled System Integrity Protection. Please restart the machine for the changes to take effect.
-bash-3.2 #


(5)そうしたら、以下のコマンンドを入力し、再起動し完了。
reboot


LiteIcon.app は 現状最新版である v3.6.1 を使用し、無事にフォルダーアイコン等を変更する事が出来ました。
また、cDock.app は 現状最新版である v2 0.9.8を使用しましたが、 一応 カスタマイズ動作はするものの未だバグが有る様で反映が上手くされない様ですね。 (ただ、cDock.app は SIP無効状態だけではなく 管理者権限を有している状態ではないと機能しない様です)

で、当方のMacの現状は以下の様になっています(^^ゞ。
勿論、セキュリティ確保の為に SIP は有効状態に戻しています。
th_20151014-2.png
(注意)なお、お決まりですが、お試しされる方は自己責任で対応をお願い致しますね^_^;。

では(^-^)/~


OS X 10.11 El Capitan に、なって戻ってきました^_^;。

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

多忙になって エントリーを書けなくなり、御無沙汰しておりました^_^;。
その間も訪問してくだる方が居て感謝です<(_ _)>。

さて、OS X 10.11 El Capitan の件です。
リリース直後には外付けHDDにインストールして試用していましたが、先日メイン環境に OS X 10.11 El Capitan を入れました。 正確には Yosemite環境への上書きアップグレードですが^_^;。
20151005.png

OS X 10.10 Yosemite での不具合の件。
1) Macでカラーピッカーでの色指定後にマウスカーソルが消える件
  → 相変らず、未修正のままでした(T_T)。

2) OS X 10.10 Yosemiteで、今更ながら表示バグに気が付いたけど....
  これは、システム環境設定 > Time Machine項目の表示不具合の件です。
  →無事に修正されていました(^^)。

3) OS X 10.10 Yosemite でサポート切れのプリンターから印刷出来た(^^)
  →Canonのプリンター(iP7500)の動作も 現状 特に問題無いみたいです。 



OS X 10.11 El Capitan で、 気が付いた 他の事などは 次回にでも^_^;。

では(^-^)/~