りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2013年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月

IE で 当BlogのCSSが全く適用されなかった件など

どーも、Ryoです♪

先日、某所に伺った際に、 Windows (Windows 7, Internet Explorer 9 (以下 IE9) )で ふと 自分のBlogを見たら、スタイルシート(CSS)が全く適用されておらず、レイアウトも色の指定もされておらず、単に文章が表示されているだけでした。 Σ( ̄□ ̄; ) ガーン

自分はWindows環境は無く、Mac環境だけなのですが、FirefoxやSafariやOperaでは表示を一応確認していました。
それに、以前のAppleのiWebで細々と行っていた頃と違い、FC2と云うBlogサービスを利用していたので、楽観していた事も有りますが^_^;。

FC2のBlogサービスも?、テンプレートを選ぶ時点で、自ずと テンプレートに即した ベースとなる HTML/CSS は出来る訳ですが、当初は何が原因か検討も付きませんでした。 只、IE9を開発者モードにしてIE7標準の表示からIE8の表示にすればCSSが適用されましたので、ちょっとしたところでダメになっている気がしたのです。

テンプレートは、気に入ったモノを選らんでいた訳ですが、 テンプレート の HTML/CSS は カスタマイズしていたので、何処に起因しているのか、 トホホ状態でした。

1)Windows環境が無い状態で、どの様に確認するか?
Sauce.app と云う、Mac OS X上でWindowsのIE6/7/8/9/10等、様々なWebブラウザの確認が可能な無料アプリを発見。
20130328-1036am.png 20130328-1044am.png
早速、Mac App Store からダウンロードして試用。
表示の確認は出来る様だけど、MacBook Air (Mid2011) 13" Core i7 でも、動作が重く 通常にWebブラウジングは出来ない状態。まぁ、仕方無いか.....。取りあえず表示確認出来るレベル。

2)Web で IE のみの表示不具合の場合の条件を探してみた
まぁ、色々なケースが有るらしいが判らなかったです。HTMLの「DOCTYPE宣言」あたりに原因が有るかと当初思ったのですが。

3)HTML/CSS の何れかに起因か調べてみた。
デフォルトのテンプレートを再度適用したら問題有りませんでした。改めて、HTML/CSS の何れかに起因か有るか HTML/CSS のデータを 相互にデフォルトのモノと差し替えて確認。
結果は、CSS側に起因していました。 てっきり HTML側に起因しているかと思っていたのでチョット意外。

CSSの場合の、意外な記事も発見。
インターネットエクスプローラーでcssが表示されない意外な原因
コメント用の「/*」「*/」の前後に半角スペースが入っていないとダメだとか。改めて自分のBlogのCSSを見てみると ダメじゃん!
早速、修正。 これで バッチリかと思いきや、修正効果は無し。 ガ━━Σ(゚Д゚ ;)━━ン!

4)CSSのデータ自体を検証してみる事に。
発見したWebサイトは CSS Validation Service です。
URL指定や 直接入力して CSSデータを検証出来ます。

因みに、HTMLの検証が可能なサイトは以下を発見。
Another HTML-lint gateway

で、上記サイトを利用して CSSの検証を行ってみたのですが、エラーが多過ぎ&エラー内容が素人の自分にはイマイチ判らないので最初から目視確認?していく事に。

そしたら、最初の設定で、いきなり あれ〜?? エ━━ヾ(*>△<*)ノ━━ッ!?
/* ****************************************** ▼ 基本設定 ▼ */

* {
margin:0;
padding:0;
font-family:ヒラギノ角ゴ Pro W3','Hiragino Kaku Gothic Pro','メイリオ',Meiryo,'MS Pゴシック','MS PGothic',sans-serif;

font-family 設定の冒頭で『'』が無い!!

フォント名で指定する場合は、フォント名が日本語のモノや 間にスペースが入っているモノ(’Times New Roman’等)は引用符(”や’)で囲う。しかし、 sans-selifとか総称ファミリー名は引用符で囲ってはダメ、との事。

と、云う事で記述が間違っていました。 fontの設定はデフォルトから変えてみたんですよ。ホントに^_^;。
何はともあれ、早速修正し、例の Sauce.app を使い IE9 での表示を確認しました。
結果は、無事にCSSが適用されて OK!となりました。 \(^o^)/ヤッター!
一応、実機確認は @blog_han さん らに御協力頂きました。感謝。
しかし、チョットしたミスで IEではCSSが適用されなくなったんですね。 Mac環境のWebブラウザですが、FirefoxやSafariやOpera等では 表面上は問題無く表示してくれたのですが、どっちが良いのかは微妙ですね^_^;

ところで、皆さんは、フォントは 何を指定されていますか?
スポンサーサイト



Mac での Exif情報の編集/削除アプリを導入 (Photo Meta Edit.app)

どーも、Ryoです♪

今まで カメラ (一眼レフ)は、初代EOS Kiss Digital を長らく使ってきました。 しかし、カメラのFinderの視野率が低くて見難く感じる様になったり、不具合が散見される様になり、モデル末期?で熟成が進んで安価になっている 7D を購入しました。

それで、撮影した画像をサイトにアップロードしていて気が付いたのですが、Exif情報にはGPS情報のみならず、カメラの固有情報の類いとか 問題のある情報が書込まれている事を今更ながら知りました。

と、云う訳で、 Mac での Exif情報の編集/削除アプリを導入を図ったわけです。
でも、Mac環境だと、あんまりアプリが無い様なんですよね。 まぁ、探し方が悪いのかもしれませんが^_^;

結局、導入したのは、Mac App Stoe 経由で 導入した Photo Meta Edit.app です。
20130318-1253pm.png
この手のアプリは編集も出来るモノだと有料アプリになってしまう様ですが、日本語の表示で、割りと安価な本アプリを選びました。 価格ですが、 今は¥350 の様です。

Exifを編集してもイイのですが、確実に手っ取り早く対処する為に、Exif そのものを削除する事に。
20130318-1238pm-s1.png

ただ、Exif情報を全て(原画像の生成日時?)を削除すると、初期設定の状態だと、他のアプリで確認した際に 画像の撮影日時まで 変更(更新)されておりました!(>_<)。

本アプリ上だと、以下の TIFF項目の『編集日時』が 更新されてしまう様です。
どうやら、この情報は Exif情報が無い場合は『撮影日時情報』として取り扱われる様です。
20130318-1237pm-s1.png

その『編集日時』が 意図せず更新されてしまう現象は、本アプリの環境設定を変更する事で対処出来ました。

環境設定 > ファイルを保存するとき 『保存時間に自動設定する』項目から
『TIFF編集日時』のチェックを外すと良い様です。
20130318-1232pm-s1.png
TIFF項目の『編集日時』は 更新されなくなり、Exif情報を全て削除した際に、撮影日時を保持出来る様になります。(必要に応じ、好きな日時に設定出来る様にもなりますネ。)

これで完了です。 .:゚+☆⌒(*^ー゚)b グッ!







Firefox の アドオン『Stylish』v1.1.2の改悪が治った\(^o^)/

どーも、Ryoです♪

Firefox で、 Webサイトの表示や Firefox 自身をカスタマイズする際に必須なアドオン『Stylsh』の件です。
Firefox/Addon/Stylish/

現在の最新バージョンは v1.3.1 なのですが、 April 11, 2011 にリリースされた v1.1.2 での改悪が我慢出来ず今日までv1.1.1 を使い続けてきました。

理由は、アイコンから"スタイルの管理"を選択した際に、今まで独立したマネージャウィンドウが開いて スタイルシートの確認や編集が行えたのですが、 Firefox 自身の標準のアドオンマネージャ内で表示される様になってしまったからです。
Webサイトの表示を変更したいのに、表示しているWebサイトの表示から自身の標準のアドオンマネージャに強制的に切り替えられてしまう動作に納得がいきませんでした。
再度、所望のWebサイトを開き直さなければならず非常に不便で、 v1.1.2以降のバージョンアップは長い間 見送っておりました。

しかし、ふと Stylish のバージョン履歴を眺めていたら、なんと有益な情報が有りました。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/stylish/versions/?page=1#version-1.1.2

-New default in Firefox 4 is to use the Add-ons Manager when choosing Manage Styles. The setting extensions.stylish.manageView is still available - 0 for add-ons manager, 1 for stand-alone dialog, 2 for sidebar



設定で、従来(v1.1.1以前)の様に独立したマネージャウィンドウが開く様になる様です。なるほど。

早速、about:config から extensions.stylish.manageView ; 1 に設定しました。20130314-stylishmanageView.png

結果、Stylishを最新版のv1.3.1を使用しても従来(v1.1.1以前)の様に、独立したマネージャウィンドウが開く様になりました。 \(^o^)/ヤッター! (気が付くのが遅い? ^_^;

ところで、アドオン『Stylsh』を使用する際に、便利なサイトが userstyles.org です。
有志の方が、様々なスタイルシートをアップしており、お気に入りのスタイルシートが有れば アドオン『Stylsh』のデータとしてサイトから直接インストールする事が出来ます。

実は、先日のエントリー『Firefox 20.0 リリース準備 (per-window Private Browsing 対応) part 1』で紹介した スタイルシート を userstyles.org にアップしてしまいました。

以下のURLに なっておりますので、宜しかったら如何でしょうか? ^_^;
http://userstyles.org/styles/84313/for-per-window-private-browsing-mac-fx-20





Firefox 20.0 リリース準備 (per-window Private Browsing 対応) part 1

どーも、Ryoです♪



Firefox 20.0 は 4月 第1週にリリースが予定されており、現在は beta 4 までが公開されております。
リリースノート (Firefox 20.0 ベータ版)
ベータ版のダウンロード


現在の安定版Firefoxでも 履歴やパスワードなどが一切保存されないプライベートブラウジング機能は実装されていますが、この機能を利用する際には、それまで開いていた ウィンドウが消えて、プライベートブラウジング用のウィンドウに切り替わるモノでした。 (通常モードのウインドウと プライベートモードのウィンドウの同一表示は出来ませんでした。)

それが、 Firefox 20.0 からは、通常モードのウインドウ を開いた状態でも、 プライベートモードのウィンドウをも表示出来る様になります。

Firefox 20.0 から、Mac の場合は プライベートモードのウィンドウ は以下の様になります。

1)通常モードのウィンドウ (参考 )
Fx20NormalMode-s.png

2)プライベートモードのウィンドウ
Fx20PBMode-s.png
ウィンドウ上部右端に、プライベートモードを表す紫色のアイコンが表示されます。


しかし、ウィンドウ上部右端と云うのは視線が届き難い場所だと個人的には思います。
と云う事で、ウィンドウ上部右端に、通常表示される プライベートモードを表す紫色のアイコン を左端方向に移動してみる事にしました。

結果は以下のとおりです。 ( ̄^ ̄ ;)ウーン
Fx20PBMode_Modified-s.png

なんか、微妙な結果に...。^_^;

因みに以下のユーザースタイルシート(CSS)で対応しました。
#main-window[privatebrowsingmode=temporary] {
background-image: url("chrome://browser/skin/privatebrowsing-mask.png") !important;
background-position: 65px 0px !important;
background-repeat: no-repeat !important;
-moz-appearance: none !important;
}



続きは次回エントリーで ^_^;
don't miss it (オイ




AirPlay の接続先 の Apple TV の名称が...

どーも、Ryoです♪

20130308-1251pm.png
AirPlay の接続先として、『Apple TV 』が Mac や iOS機器で表示される際に、『Apple TV』の名称で 登録して有るにも関わらず、何故か 『Apple TV (2) 』と意味不明な名称になっていました。 何だ、(2) って ??

ネットワークを越えて隣家の『Apple TV 』に接続しているかと思ったけど、流石に そんな事は有りませんでした^_^;

何れにせよ?、動作的には実害は無く、通常どおり Mac などから指定出来るのですが、やはり気持ちが良く有りません。

そこで、『Apple TV』から、自身の名称を再設定したら、ようやく解決しました
\(^o^)/ヤッター!

具体的には、以下の方法をとりました。
1)『Apple TV』の『設定』から 『一般』 > 『名前』の設定項目を選ぶ。
2) 一度、名称を他のモノに仮設定する。
3) 本命の 『Apple TV』の名称を再度 指定する。

これで治りました o(^-^)o

で、原因は不明のままです^_^;




Macで画面を縦長に表示 !

どーも、Ryoです♪

実は、Ryo のお気に入り の サイトである、zariganitosh さん の運営する 『ザリガニが見ていた...。』で紹介されていたのですが、なんと Macで画面を縦長に表示出来る、と云うのです。
こちら → MacBookのRetinaディスプレイを縦2880pxにした壮観な眺め

で、OS X 10.8.2環境の MacBook Air(Mid2011)で、早速 試してみた結果が以下のとおり。
IMG_0183 2

トラックパッドだと操作が画面の角度が変更されてしまって操作が難しいですが、マウスだと普通に操作出来ました。
しかしながら、用途は思い浮かびません....^_^;

取りあえず、このモードの入り方ですが、
システム環境設定を開き、『option』キー と『コマンド』キーを同時に押しながら 『ディスプレイ』項目を選びます。
すると、通常は見慣れない、『回転』と云う項目が表示されます。
SystemsetteiDisplay.png

そこで、その『回転』項目を選ぶと、画面の回転角度が、90度/180度/270度から選択出来ます。ちなみに最初の写真の状態は『90度』を指定したモノです。SystemsetteiDisplay1.png

皆さんも、試してみては如何でしょうか?
ウチの Mac OS X 10.6環境の MacBook Pro(Mid2007) だと、ディスプレイ設定に上記項目は出てこなかったので、最近のモデルじゃないとダメかもしれませんが^_^;