りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2001年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

今更ながら、MacBook Air でマウスを使ってみたら スクロール方向が....

どーも、Ryoです♪

現在 愛用しているマウスは、LogitechV470と云う bluetooth マウス です。これはMacBook Pro(Mid2007)専用で 2007年10月から長らく使っており 流石に くたびれてきた感じがしてきたので 本国のサイトを見ていたら"Out of Stock"となっており、いよいよ廃番?かと思い 買い置きを考えて あっちこっちを探した結果、結局 アマゾンで先月購入してしまいました^_^;。
V470.jpg

その為に我が家に現存する動作するマウスは以下の写真の様になりました ^_^;。
左手前からAppleのモノ、Logitech のV270、V470(2007年10月購入版)、V470(先月購入版) です。
mouse.jpg

まぁ、V470が2台 有っても 勿体ないので MacBook Air (Mid2011)で使用(試用)してみる事としました。
MacBook Air の トラックパッドのスクロール方向の設定は、iOSデバイスの恩恵で(それと同じ)『スクロール方向:ナチュラル』で使用していましたが、マウスのスクロール方向は流石に旧来の(逆の)スクロール方向でないと身体が馴染めません。

Mac の システム環境設定 > マウス で、『スクロール方向:ナチュラル』の チェックを外して、マウスの操作は問題なく感じる様になったのですが、困った事が起きました。

なんと、設定を変更した憶えの無い トラックパッド のスクロール方向の設定 が 替わってしまいました。
最初は戸惑いましたが、 どうやら、 システム環境設定 の マウス と トラックパッド のスクロール設定は、設定画面が独立しているものの内部動作的には独立していない模様。 せめて、設定画面中に注意を促す文を入れてくれれば不毛な時間を費やせず済んだのですが。

と、云っても困るので、Webを徘徊していたら、Scroll Reverserと云う、今回の対応の為の様なアプリが有りました。(上記リンク先からダウンロード出来ます)
自分の様に、トラックパッドはiOSの様なナチュラル設定で、マウスは旧来の(逆の)スクロール方向で使用したい際は、以下の様にすればOKです。

1)Mac の システム環境設定;
マウス設定 或いは トラックパッド設定 ; 『スクロールの方向 : ナチュラル』

2)Scroll Reverserの設定;
『Reverse Trackpad』のチェックのみを外すだけです。他はデフォルトのまま。
ScrollReverser.png


疲れました^_^;

これで、快適になりました。 と云っても、マウスをMacBook Air で使用する事は滅多に無い事と思いますが、備忘録& 同じ事で悩んでいる方のご参考になれば幸いです^_^;







スポンサーサイト



iOS 6.1 に バージョンアップしたら....

どーも、Ryoです♪

iOS61.png

先日、iOS 6.1 がリリースされましたね。
リリースノートに因れば、変更内容は 下記の内容のマイナーバージョンアップ?と思うモノでした^_^;
1)LTE対応のキャリア数のUP(対応するキャリアの全リストは次のWebサイトを参照)
http://www.apple.com/iphone/LTE/
2)iTunes Matchに登録したメンバーは、iCloudから個別に曲をダウンロード 可に。
3)Advertising Identifier(広告識別子)をリセットするためのボタンを新規に追加。

新しもの好きな Ryo は、バージョンアップの効果が無いのを承知で、iPod touch(4th) をバージョンアップしました。

そうしたら、.... なんと言う事でしょう!!

今まで、 iPod touch (4th) は カーステレオで音楽再生時(Dockコネクタ接続)、iPod側では ミュージック.app は 『 アクセラリーに接続です』とか 表示が出て 操作は出来ませんでした。
しかし、iOS 6.1にバージョンアップ後は、普通に iPod側から ミュージック.app を 操作出来る様になりました。
\(^o^)/ヤッター!

まぁ、iPod touch の 気の迷い かもしれないので 様子見 致します^_^;




Mac OS X 10.8 での Dockの表示を変えてみました(^_^)

どーも、Ryoです♪

Mac OS X 10.8 の不満の1つとして、Dockの表示部でのインジケーター(どのアプリが起動中かを示すマーク)の見難さを感じていました。しかし、店頭でMacBook Pro の実機を確認した際には液晶パネルの諧調/視野角が良い為かインジケーターが見難いとは感じませんでした。つまり、それは当方のMacBook Air 13"の問題だった様です(>_<)。齢のせいで視力が低下している事も原因の1つかもしれません^_^;

と云う事で、Dockの表示部でのインジケーターの視認性を向上すべく 変えてみました(^_^)

Dockをカスタマイズするアプリとしては、Dockerが有るのですが、OS X 10.8 には 未対応です。(インジケーターの変更だけは可能みたいですが...)

今回の作戦は、力技です。 OSで使用する インジケーターの画像データを差し替えてしまう作戦なんです。その差し替える画像は、以下の場所に有ります。
/System/Library/CoreServices/Dock.app/Contents/Resources

Finder の メニュー から 移動 > フォルダへ移動... で、上記をCopy&Pasteして 移動ボタンを押せば移動できます。

その中に有るモノの中で、Dockを画面下部に配置している際にインジケーターとして使用される画像は、以下の3種の様です。
indicator_large.png
indicator_medium.png
indicator_small.png

そして、入れ替えた画像データを反映させるには、Dockを再起動するのが手っ取り早いです。
ターミナル.app を起動し、以下のコマンドを入れてenterでOKです。
killall Dock

1)OS X 10.8 オリジナル状態;


2)OS X 10.6 (Snow Leopard)のモノを拝借してきた場合^_^;


3)OS X 10.6 (Snow Leopard)のモノの色合いを変えてみて適用した場合^_^;


自己満足でスイマセン ^_^;

なお、試してみる方には、お約束ですが、
バックアップをとったうえで自己責任で御願い致します。



AirPlay に 思ふ事....

どーも、Ryoです♪









画像はAppleのサイトから拝借



Ryo が 現在使用使用している無線ルーターは、Apple の AirMac Extreme 5th (現行モデル) なんです。以前は 円盤みたいな『AirMac Extreme Base Station w/Modem』や 初代『AirMac Express』を使用していました。 IEEE 802.11n を利用すべく切り替え、その後は快調です(^^)。

ところで、 今は、初代『AirMac Express』は手元には有りませんが、一時期 オーディオ機器にストリーミング再生する『AirTunes』に はまっていました。 『AirTunes』とは、現在の『AirPlay』機能のベースとなったモノです。

最近になり、『AirPlay』機能を持った『AirMac Express』は、 iTunes in the Cloud の影響も有り なかなかイイなと再び思うようになりました。
ただ、『AirPlay』機能は、入力ソース(音源)を指定出来るアプリが限られている為、真価を発揮出来ない気がしています。

つまり、Macの音声出力 そのモノを 『AirPlay』に切り替える事が出来れば面白いと思います。
SOHO 等では、社内放送? (緊急放送用?)に使える気がするのです。

OSレベルでサポートしていただければ好ましいのですが、大人の事情故でしょうか....。^_^;
(OS X (10.8;Mountain Lion)では、映像のミラーリングに対応していますが)

その様な事を実現するアプリとしては、 現在、iOSアプリでは、マイクアウトと云うアプリが有る様です(Apple TV 専用?)。 マイクの音を飛ばす事に特化したアプリの様ですが、有料アプリなんで、試していません m(_ _)m

今後に、期待でしょうか?

Jan. /23/2013 追記
OS X (10.8;Mountain Lion)では、システム環境設定 > サウンド > 出力 で、『AirPlay』のデバイスを指定出来た様です^_^;。
当方では、『AirPlay』環境は 『Apple TV』しか無いのですが、システムのサウンド設定では『AirPlay』を指定出来ないので無理かと思っていたのです(iTunesからは普通にOK!)。 しかし、OS X (10.8;Mountain Lion)は 正式に『AirPlay』対応しているとの事で、何度かtryしてみると偶に『AirPlay』出来ました( ̄□ ̄;)。
Mac と Apple TV 、 何れが問題なのかな? 各々のOSは最新だし... (/_;`)トホホ


Firefox 18.0.1 リリース。 Macユーザーには残念かも....

どーも、Ryoです♪


先日、Firefox 18.0 リリースで Macユーザーに嬉しいRetina ディスプレイがサポートされた旨のエントリーを書いたのですが、どうやら不具合が有った様で Firefox 18.0.1 で 残念ながらRetina ディスプレイサポートは無効化されました。

リリースノートはこちら(英語です。すいません^_^; )

他に、Proxy関連のbug修正も行われているので、早々にアップデートされると良いと思います。


Jan. /25/2013 追記
Retina ディスプレイのサポート無効となったのは、外部接続モニタの Retina ディスプレイのサポートを無効という事の様でした。 (Bug 814434)。英語の解釈が間違っていて申し訳有りませんでした。
それから、Mozilla Japanから 日本語による リリースノートが出ていましたので、紹介しておきます。
http://www.mozilla.jp/firefox/18.0.1/releasenotes/



Mac OS X の マルウェア対応

どーも、Ryoです♪

以前、Mac OS X の マルウェア対応 は 話題になった記憶が有るものの、それらの情報は OS X の何処に記録されていたんだろうか? と思っていたところ、マイナビニュースにエントリーが挙がっていました^_^;
詳細は、マイナビニュース の 新・OS X ハッキング! OS Xの「マルウェア」対策を知る を見て頂くとして、備忘録がてら要点を記します、

Mac OS X の マルウェア定義データベース「XProtect.plist」及び「XProtect.meta.plist」は、以下の場所に有る。
/System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources

「XProtect.plist」に記録されている Item数 で マルウェア登録数 が判る。
また、Itemの箇所のDescription の Value の箇所に 対応マルウエアの名称 が記載されています。

一方「XProtect.meta.plist」には、Last Modification Date や Version番号 や PlugInBlacklist が記録されている。
それらの情報を確認するには、「XProtect.meta.plist」を Xcode で開くか、ターミナル.app から以下のコマンドを入力する。

Last Modification Date 確認時 ;
defaults read /System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources/XProtect.meta LastModification
Version番号 確認時 ;
defaults read /System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources/XProtect.meta Version

最新のマルウェア情報を急いで反映させたい際には、通常24時間サイクルで自動実行されている「/usr/libexec/XProtectUpdater」のコマンドを直接実行すれば良いとの事。
sudo /usr/libexec/XProtectUpdater


ところで、/System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources を覗いてみると 様々な モノのアイコンデータが保存されているのが判りますね(*^_^*)。

以上。





Macなどで 簡単な計算の際に。 でも、やっぱり....

どーも、Ryoです♪

普段、Macでチョットした計算をしたい際は、Spotlight を活用しています。
メーニューバーから直接操作するか、或いは
『control(ctrl)』キー + 『space』キー 
の同時押しで、直接呼び出して使用しています。
spotlight.png


また、必要に応じ iOSアプリの Calculator+ を使用しています。
Calculator+
このアプリは無料版で、計算式を確認しながら 間違ったら 都度 修正が出来るのでイイです。計算が終わった式も再度 呼び出し出来て 値や式を修正出来ます(^^)。 尚、手書き入力をサポートしたバージョン等は有料となっていますね。



ただ、そうは云っても、齢のせいかリアルの電卓が欲しいと思う際も有り、手頃なモノが無いか物色していたら、CASIO の SL-300Aが機能的にも価格的にも良さげなので、この度 購入しました。IMG_0128.jpg

『時間計算』対応、 『メモリー呼び出し』キー(MR キー)が独立、 『▶キーで、入力した直前の数値のみを修正出来る』等の機能が有って、手帳サイズで 安かったのですo(^-^)o。











Macユーザーに嬉しい Firefox 18 がリリース。

どーも、Ryoです♪

logo-mozilla_Firefox.png

新年早々、Firefox 18 がリリースされました。
詳しい変更点はリリースノートを見て頂くとして、
Macユーザーに嬉しい Retina ディスプレイがサポートされました。
ただ、自分は Retina ディスプレイ のMacは持っていないので確かめようが無いのです^_^;。

それから、Firefox 18.0 beta には 実装されていたものの、リリース版では無効になったものとして『組み込み PDFビューア(PDF.js)』が有ります。
PDFを Preview.app や Adobe Reader.app で開かずにFirefoxで直接見る事が出来ます。
ただ、この機能を有効にするには URLバーに以下のコマンドを入力し、リターンkeyを押します。
about:config
そして、 pdfjs.disabled と云う項目を探して、
pdfjs.disabled  ;  true → false
と する事で試用する事が可能です^_^;。


再始動 !

以前、iWebでBlog作成していましたが、AppleのMobileMeサービスの終了と共に Blogを書く事を御無沙汰していました。

その為、すっかり BLogは見る側になってしまったのですが、やはり? 忘備録がてら 思う事などをBlogに留めておきたいと思う様になり、ボチボチ再開をしようと思った次第であります。

と云う事で、再び 宜しくお願い致します^_^;




test

試し書き。

どーかな?