りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 10.9 Mavericks

Macをマルウェアの脅威から守る上での最低限の確認事項!

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

近頃、Macを対象として「iWorm」と云うマルウェアが猛威を振るっているとの事です。
JavaW』と云うモノが、以下に存在していなければ 感染していない様です。
/Library/Application Support/JavaW

さて、本題です。
過去のエントリー 『Mac OS X の マルウェア対応』にて、OS X 独自のマルウェア対応方法について書きました。
簡単に云えば、マルウェアの定義ファイルを OS X でも 保有して 定期的に Mac 内部で自動アップデートして対応している、と云う事。

しかし、そんな便利機能にも落とし穴が有ったのです。正確には ユーザー設定で、該当機能を無効にしてしまっている恐れが有る、と云う事なのですが。

さて、その マルウェア対応関連のデータの自動アップデートの有効/無効設定は、
システム環境設定 > App Store の中に有ります。

以下の様に『システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール』と云う項目にチェックが入っている事が必要です。
20141008-0945am.png
これを機に、確認してみる事を お勧め致します^_^;。


(参考)
ちなみに、Mac OS X 10.9 Mavericks では、 マルウェア定義データベース「XProtect.plist」及び「XProtect.meta.plist」 は 、以下の 手動(強制)アップデート が効かない様です。
sudo /usr/libexec/XProtectUpdater

sudo /usr/libexec/XProtectUpdater を実行するとコマンドが無いとして怒られます (T-T)。
なので、自動アップデート頼みです^_^;。
まぁ、厳密には データを直接ダウンロードする手法も有る様ですが、そこまでは....^_^;。

また、Mac OS X 10.9 Mavericks での「XProtect.meta.plist」には『 LastModifiction 』と云う項目が存在しない為、Macのウイルス定義データベース「XProtect」のアップデートを『 通知センター 』 に通知する方法『How to monitor XProtect updates in OS X』は、正常に機能しないようです。( 当方の環境ですが ^_^; )


では (^-^)/~
スポンサーサイト



OS X Mavericks 10.9.4 アップデートで改善なるか?

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

Appleより OS X Mavericks 10.9.4 アップデートがリリースされていますね。

アップデートの内容:
1)一部の Mac における、接続したことのある Wi-Fi ネットワークに自動的に接続できないという問題を修正します
2)スリープ解除の信頼性が向上します
3)Safari 7.0.5 が含まれます

このアップデートについて詳しくは、次のサイトを参照してください
http://support.apple.com/kb/HT6281?viewlocale=ja_JP

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP


上記 1)のWi-Fi接続時の不具合は自分の環境でも時折発生しているので期待しております^_^;。
ただ、2)のスリープ解除の信頼性向上 って 意味が不明ですが^_^;。

そうそう、重要な事!
アップデートは『Mac App Store』経由 の 通常のアップデート(差分アップデート) ではなく、Appleのサイトから『Combo(統合アップデート)』をダウンロードして対応しています。

OS X Mavericks 10.9.4 Update (Combo)
http://support.apple.com/kb/DL1755

ファイルサイズが 958.2 MB と大きめなのが難点ですが、今までのアップデートをも 再度 一括して行う為、過去のアップデートの際に起こってしまった潜在的な不具合を修正する事が出来るので良いです(^^)。
そのへんの詳細な説明は、いつもお世話になっている @kujax130 さんのBlogの『Mac OS X、アップデートに際して覚えておきたい事』 に説明が有りましたので省略します(手抜きモード^_^; )。 是否、そちらを御覧になってくださいね(^^)。

何はともあれ、これでWi-Fi接続時の不具合が解消されるとイイですけどね。 (((o(*゚▽゚*)o)))

では(^-^)/~


OS X 10.9 Mavericksでサポート切れのプリンターから印刷出来た(^^)

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

愛機MacBook Air (Mid2013)を OS X 10.9 Mavericks にした現在、OS自体には特に不満は無いのですが、長年使用している Canonのプリンター iP7500 がドライバーの提供が無い為に使用不可となってしまった事が唯一 不満です。(OS X 10.8 Mountain Lion まではサポートされ使用可です)
メーカー側にしてみれば、古い機種を最新のOSに対応させずにサポートを打ち切ったのは 諸般の事情から仕方ない事かもしれません。

CanonのWebサイトには、OS X 10.9 Mavericks 対応状況の説明が有ります。
Canon、OS X 10.9(Mavericks)対応状況(インクジェットプリンター) 更新日 : 2014年2月18日

iP7500はOS X 10.9 Mavericks 用のドライバーの提供が無いとの説明です(>_<)。 明示されてはいませんが『 OS X v10.9対応製品は以下になります。 製品名を掲載していない製品は非サポートです。また、今後もサポートの予定はありません。』との間接的な表現になっています。

しかし、未だに動作に全く問題無いプリンターが使用不可になった事は残念でした(>_<)。現在は印刷する際は、嫁のOS X 10.8 Mountain Lion のMBAから AirDropでファイルを渡して 印刷しておりました^_^; 。

そんな折り、いつも御世話になっている 新しもの好き好きのダウンロード さん にて、Gutenprint と云うプリンタドライバを知りました。

はい、早速 入れてみました。ダウンロードは以下のURLから。
http://sourceforge.net/projects/gimp-print/

1)インストール
普通に インストーラーをダブルクリックすると、開発元が不明な為とかエラーが出て開けませんので、右クリックから『開く』を選択します。
そうすれば 開いてもよろしいですか?と聞かれるので『開く』を選択してインストールします。


2)システム環境設定のプリンタとスキャナ の設定
(1)まず、プリンターの追加。左下の+ボタンを押します。
      (プリンターの電源はあらかじめ入れておいてください)
th_1.png

(2)上部のリストに所望のプリンターが表示される筈ですので、それを選択。
th_2.png

(3)ドライバーを指定せよ、と云う事なので 指定します。
th_3.png

(4)沢山の候補のリストが出ます。
th_4.png

(5)絞り込み検索出来ます(^^)
th_5.png

(6)自分の場合、PIXUS iP7500 を指定。 なお、PIXMA のは印刷不可でした。
th_6.png

(7)これで、設定完了(^^)。
th_7.png

無事にOS X 10.9 Mavericks 環境から 印刷出来ました \(^o^)/ヤッター!。
純正のドライバーではないので インクの残量は確認出来ませんが、 (*'-')b OK!

このGutenprint と云うプリンターでサポートしているプリンターのリストは下記にて確認できます。
http://gimp-print.sourceforge.net/p_Supported_Printers.php
非常に沢山のプリンターがサポートされている様なので、自分の様な境遇の方は自己責任の元、試されては如何でしょうか(^^?

では (^-^)/~



SystemUIServerの気持ち悪いエラー

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

久しぶりのエントリーです^_^;。
OS X 10.9 Mavericks も、v10.9.3 になり 特に気になる所も無いのですが、
ある日、コンソール.app を眺めていたら 以下のエラーが なんと 1分間おきぐらいで盛大に発生していました。( 単なる 暇人 ? )
ガ━━ΣΣ(゚Д゚|||)━━ン!!
SystemUIServer[XXX]: Impossible to find range of h or H in date format.

なお、SystemUIServer とは、メニューバーのアイコン(Menu Extra関係)を司るシステムプログラムの事です。

実害は無くとも大量のエラーは気持ち悪いのでGoogle先生に伺ってみたところ、以下のBlog等から
SystemUIServerの不具合 (しかも日本語環境特有の問題)らしい事が判明しました。
  SystemUIServerのバグ (from Mac 関連 Tips )
  OS X 10.8.2: -"Impossible to find range of h or H in date format" (from midore's blog )

と、云うことで 確かめたところ、"Impossible to find range of h or H in date format" のエラーは、システム環境設定 > 省エネルギー設定 での「メニューバーにバッテリーの状況を表示」のチェックを外して、 メニューバーにバッテリーのアイコンを表示させない様にする事で、定常的なエラーが発生しなくなりました \(^o^)/ヤッター!。
battery.png

ただ、当方では、有料アプリですが iStat Menus のをメインで利用していたので(上図の右側のバッテリーアイコンが それです )、 Apple謹製のを使用中止にしても困らなかったのですが、通常の方は、メニューバーに 省エネルギー設定 での バッテリーのアイコンを非表示にすると不便な気がするので、参考にならないかもしれません(>_<)。
とろで、手前味噌ですが iStat Menus のはバッテリー残量のアラートが25%以下から指定出来るので便利ですよ(^^)。この機能が便利な意外?な訳とは、後日のエントリーで...。^_^;

云い忘れていましたが、システム環境設定 > 省エネルギー設定 を開いたら、以下のエラーが依然として出ますが、省エネルギー設定を開いている時のみの一時的なものの為 諦めました^_^;。
System Preferences[xxxx]: Impossible to find range of h or H in date format.




【備忘録】OS X Mavericks v10.9で電源ボタンでSleepさせない方法

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

OSXDaily.com の エントリー 『Stop the Power Button From Turning Off the Mac Display in OS X Mavericks』では、OS X Mavericks v10.9から採用された電源ボタンのスリープ機能を無効にする方法が紹介されていますね。

電源ボタンを押下する時間の絡みも有りますが、即 Sleepに移行する事は無くなり、以前の様に 第一に 確認ダイアログの表示が なされる様に変わります(*^_^*)。
20140411-0559am.png



さて、備忘録がてら記します。
powerbutton.png

1)OS X Mavericks v10.9から採用された電源ボタンのスリープ機能を無効にする方法
ターミナル.app から以下のコマンドを実行。(即、実行されます)
defaults write com.apple.loginwindow PowerButtonSleepsSystem -bool no 


2)OS X Mavericks v10.9から採用された電源ボタンのスリープ機能を再び有効にする方法
同様にターミナル.app から以下のコマンドを実行。(即、実行されます)
defaults write com.apple.loginwindow PowerButtonSleepsSystem -bool yes 


OS X Mavericks v10.9.2 で電源ボタンの即Sleepに移行する挙動が修正されていますが、(関連エントリーはこちら)これで、うっかり電源ボタンを押してsleepしてしまう事は防げる様です。
これで様子見状態です^_^;。


では(^-^)/~