りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Mac_Application

プレビュー.app で保存フォーマットの種類を増やす事が出来た(^^)

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

Mac の OS X で 画像の確認やチョットした修正などに活躍の プレビュー.app の件です。
Preview.png
プレビュー.app は、比較的 便利なのですが、画像の保存フォーマットの種類が少ないと思ったりしていませんか?  そんな貴方に朗報です(^^)。

方法は簡単です。
 画像の保存フォーマットを指定する際に、あらかじめ optionキー を押すだけ。
 これで、選択肢が増えます(^^)v。

1)画像の保存フォーマットを指定する際は、以下の箇所を操作しますよね!?
th_20150503-.png

2) 普通は 以下の様な選択肢から指定する事になります。
th_20150503-0554am-1.png

3) optionキーを 押しながら 選ぶと....。 (つ゚o゚⊂)オォ〜!!
th_20150503-0557am-1.png

どうですか(^^?

役に立たない?      ガ━━Σ((  д ) ゚ ゚━━ン!!

※ これ、雪豹環境だと 最初から沢山の選択肢が出ますね。
  いつの間にか、使う頻度が少ないマイナーなモノは省かれたのかな?


では(^-^)/~




スポンサーサイト



OS X 10.10 Yosemite で スクロールのカスタマイズアプリ『Scroll Reverser』の常時起動を止めた理由。

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

MacBook Airのトラックパッドは優秀なのですが、たまには マウスを使う事も有ります。
そのマウスとは LogitechのV470 でありますが ^_^;。 (以前の関連エントリーはこちら)

Macのトラックパッドのスクロール方向の設定は、iOSデバイスと同じ『スクロール方向 : ナチュラル』で使用していますが、マウスのスクロール方向は流石に旧来の(逆の)スクロール方向でないと身体が馴染めない為に、スクロール方向を個別に設定出来る『Scroll Reverser』と云うアプリを使用しています。
現在では OS X 10.10.2 Yosemite にも対応しているとの事です。
(本稿作成時点では Scroll Reverser は v1.7.1 が最新で 、そのバージョンに基づいています)

ちなみに、設定は以下の通り。
20150218_093309am.png

本アプリを有効にする設定である『スクロールを逆にする』の設定はメニューバーからも 以下の様に行えますが、マウスを使う頻度は高くはないものの、本アプリを都度 起動するのは面倒な為に常時起動し 2年前程から使用していました。

20150218-0947am.png

しかし、 正確な時期は憶えていませんが OS X 10.10.2 Yosemite にアップデートした頃からか Macのトラックパッドに違和感を感ずる時が有りました。
今 思えば スクロール方向が逆になっていたみたいでした(笑)。  どんだけニブいんだか..... ^_^;。


『Scroll Reverser』が 設定内容とは異なる異常動作になり、本来 動作変更設定をしていない筈の Macのトラックパッドの動作が異常にになったら、『Scroll Reverser』のアプリを再起動すれば一時解決にはなります。
しかし、何らかのタイミングで再発します (;´д`)トホホ…。

原因は『Scroll Reverser』と判明したものの、Webで情報を探しても レビューを書いている方は多いものの、自分の様にトラブルを感じている方は極少数派の様でした。 環境依存なの!?

一応、Bug報告はしておきましたが、上記の様な背景で修正される見込み薄な為に、『Scroll Reverser』の常時起動は止めて 必要な時のみ起動する事にしました ^_^;。


『Scroll Reverser』を使用されている方 は御参考まで^_^;。
なお、多少のリスクを覚悟の上で『Scroll Reverser』を使用したい方は お決まりですが 自己責任でお願いしますね ^_^;。


では (^-^)/~


メニューバーに表示されるアイコンが沢山過ぎた際に便利なアプリ MinimumMenu.app

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

愛機はMacBook Air 13" で画面の領域は広くはなく、自ずとメニューバーの領域内に表示されるアイコンは一杯状態で メニューバーの左側エリアに表示される文字メニューと重なり アイコンの一部が見えない事も有ります。

下図の様な感じで、文字メニューの下部にアイコンの一部が隠れて見えなくなっています (T-T)。
1_big_20141129_1720pm.png

1)アプリの仕様/入手先
無料アプリで、そんな不具合を解消してくれるモノがあります。
それは、いつもお世話になっている『ザリガニが見ていた...。』のWebサイトで 作者さんが公開されている『MinimumMenu.app』と云うアプリです。

主な動作 ;
(1)マウスカーソルをスクリーンの一番上に移動すると『水色のライン』が発光(出現)。
(2)それを一回クリックすると、文字メニューが消える!
        ( 結果、アイコンの表示スペースが最大となる。)
(3)『水色のライン』を、もう一度クリックすると、直前のアプリケーションに戻る。

この『MinimumMenu.app』と云うアプリ自体は以前から公開されていたのですが、最近 作者さんがブラッシュアップしてくださったのであります <(_ _)>。
minu.png


    ※本稿作成時点の最新バージョンはv0.4.5であります。

本アプリの入手先 ; https://github.com/zarigani/MinimumMenu/archive/master.zip

MinimumMenu.app v0.4.5のリリースノート ;
    ●PreferencesのTracking around displayを追加。「入」にすることで...
ディスプレイの左辺・右辺・下辺へのマウスオーバーによってMinimumMenuがアクティブなる。
但し、Dcokが出現するポジションでのマウスオーバーは無効。(意図しないアクティブを避けるため)

●コーナー四隅の64ピクセルは、反応しないエリアとした。(誤作動防止のため)

●アプリをアクティブにする方式で切り替えるように変更。(従来はアプリを起動する方式で切り替えていた)
○ウィンドウなしで起動中のアプリが、新たなウィンドウを勝手に開いてしまう対策。
○タイミングによっては、終了したはずのアプリが意図せず再起動してしまう対策。
○ウィンドウの重なり順序も完全に維持される。

    ※当方の確認環境は OS X 10.10.1 Yosemite 。

2)使用方法
(1)設定の仕方;
Dockのアイコンをクリックする事で設定画面(Preferences画面)が出ます。
icon_20141129-1728pm.png
リリースノートにも有る様に Preferences の Tracking around display を「入」にすることで、ディスプレイの左辺・右辺・下辺へのマウスオーバーによってMinimumMenuがアクティブ になるのですが、自分は あえてOFFで^_^;。
Preferences_2014-11-29_1723pm.png

(2)操作 ;
先に挙げたメニューバーの左半分エリアの状態(初期状態)です。
1_20141129_1720pm.png

上端部をマウスオーバーする事で『水色のライン』が出現。それをクリックします。
2_20141129-1717pm.png

そうすると、文字メニューが消え、隠れていて見えなかったアイコンが出現します。
3_20141129_1717pm.png

復帰させるには、再度 上端部をマウスオーバーし『水色のライン』を再クリックか、適当なアプリのウインドウをクリックすればOKです(^^)。


広くないメニューバーを有効的に使用するアプリとして便利だと思いますので、宜しかったら試用されては如何でしょうか(^^? (自分は 有料アプリ Bartender.app と併用していますが ^_^; 。)
まぁ、お決まりですが 自己責任の元、お願いしますね^_^;。


では(^-^)/~


OS X 10.10 Yosemite の Dockの表示を替えてみた

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

OS X 10.10 Yosemite に関してですが、
以前のエントリー『OS X 10.10 Yosemite で 画面の透過処理をOFFにする方法』や、『OS X 10.10 Yosemite の 眩しいフォルダーアイコンを替えてみた。』では、見た目の違和感を低減する方法について書きました。

今回は Dock の表示を替える事がテーマです ^_^;。
( http://osxdaily.com/に記載されていたエントリーが元ネタですが^_^; )

1) まず、 cDock.app と言う、無料アプリのダウンロード。
                ダウンロードしてみたら、以前 試用したアプリだった事に気が付きました。 (_ _,)/
cDock.png
ダウンロードした Zipファイル をダブルクリックで解凍し、該当アプリの選択状態からコントロールkeyを押して(コンテキストメニューから)、『開く』を実行。

2)設定。
以下の 『Dock theme』の項目から 好きな モノを選択し、最後に 『Apply』ボタンを押します。
20141102-0620am.png
( 本稿作成時には このアプリはVersion 6.0.6ですが、右下にある『Colored Finder sidebar』を適用させると、Finder の サイドバー の アイコンの一部が白紙化する様です。
従って『Colored Finder sidebar』の項目はuncheckした方が良いかと思います ^_^;。
サイドバーのアイコンはOS X オリジナルでも悪くは無いと思いますし (^^)。
@ 2014年11月02日(日) 追記 )


ちなみに『Dock theme』の項目の選択肢は以下の様になっています。
なお、最下段の『Restore』を選べば 初期状態に戻せます。
th_20141030-025720am.png
なお、『Custom』設定は パラメーターが記述された settings.txt と云う名称のテキストファイルを編集する事でカスタマイズが出来るモノです。

1)現状(初期状態);
システム環境設定 > アクセシビリティ > ディスプレイ の『透明度を下げる』にチェックを入れ 透過をOFFにしています。
th_original.png

2) 10.8 設定 適用後
th_108.png

3) Yosemite 3D 設定 適用後
th_Yosemite_3D.png

4) Dark 設定 適用後
th_Dark.png

5) Transparent 設定 適用後
th_transparent.png


如何でしょうか(^^?
宜しければ、トライしてみてくださいね。(但し、自己責任でね ^_^; )

と云うことで、Ryo の OS X 10.10 Yosemite の Desktopは 現在のところ 以下の様に なりました^_^; 。

th_20141030-0402am.png


では(^-^)/~




OS X 10.10 Yosemite の 眩しいフォルダーアイコンを替えてみた。

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

OS X 10.10 Yosemite には、何だかんだ言っても慣れてきました。
只、眩し過ぎる フォルダーアイコンには 未だに閉口しています^_^;。

その様な最中、@Yuki_Yamashina さんの 『OS X Yosemiteでデフォルトのフォルダアイコンの色を変更してシステムに反映させる方法』なるエントリー を拝読しました。
今までも、システムアイコンの変更は行っていたのですが アクセス権に注意が必要の事。知らなかった〜 ^_^;。
UNIXの知識は多少は持ち合わせているものの面倒だなぁと思っていました^_^;。

しかし、LiteIcon.app と云う ドラッグ&ドロップで アイコンファイルを指定するだけで、システム・アイコンの変更が出来るアプリを発見。(勿論、Yosemite 対応 ! )
また、単に アイコンをカスタマイズ出来るだけではなく、簡単に オリジナルのシステム・アイコンに戻す機能も持っています。
LiteIcon.png

不要なアプリや関連ファイルをまとめて削除してくれる AppCleaner.app と云う アプリも手掛けていたんですね。(このアプリも便利で長らく愛用しています!!)


Before
th_20141022-1.png

After
th_20141022-2.png

方法を簡単に説明。
1)LiteIcon.app の ウィンドウにて、
   変更したい アイコンの箇所に、アイコンファイル(icnsファイル)をドラッグ&ドロップ。
th_20141022-4-s.png

2)最後に、右下の『Apply Changes』のボタンを押す。
   下記のモノは作業途中のモノですが、間違ったデータを指定しまった際は、
    ドラッグして放り出せば OKです !
th_20141022-5-s.png

3)後は ダイアログに従って、『Clear Cache & Log Out』のボタンを押せば、完了です。
th_20141022-3-s.png

※ オリジナルのシステム・アイコンに戻す機能は、LiteIcon.app の メニュー バーの Tools > Restore All Sysytem Icons ... を選択(実行)する事で容易に可能です(^^)。


そうそう、Safari.app のブックマーク・アイコンも併せて変更されたので良かったです(^^)。

てな事で、未だ OS X 10.10 Yosemite に移行していない方は、事前に 以下の場所から システム・アイコン のデータ を Copyしておくと便利かもしれませんよ^_^;。
/System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources/ 


なお、お決まりですが 自己責任の元、トライしてみてくださね(^^ゞ。


では(^-^)/~