りんご大好き

りんご大好きです♪  Macintosh が大好きなのですが、何故か Mozilla の Firefox や Thunderbird を愛用しています(^^ゞ。


MacBook Pro(Mid2007) の購入が切っ掛けで、AppleのiWebを使用し『りんご大好き』と云うBlogを 2007年に立上げましたが、2012年6月のAppleのMobileMe (iWeb)サービス終了と供に御無沙汰していました^_^;


2013年から復活しましたので、また宜しくお願い致しますね。

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

『egword Universal 2』が復活。 最新 macOS 対応開発版が公開 !!

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪
20171117-1.png
古参Macユーザーには お馴染の物書堂さんから、『 egword Universal 2 ver.2.1』のアルファバージョンが公開されました。 既に公開時よりアップデートが行われ 現時点の最新版はver2.1a(271)となっています。 egword Universal 2 自体は EGWORD(イージーワード)が前身の日本語ワープロソフトで、かつて エルゴソフトが開発/販売していたソフトであります。
縦書きや原稿用紙などをもサポートしていますよ。

動作環境
 macOS 10.11(OS X El Capitan)以降で動作します。
 試用期間の制限は設けておりません。

制限事項
 EGWORD14以前のファイルの読み書きはできません。
 WORDファイルの読み書きはできません。
 egbridge Universal 2、電子辞典ビューアは付属しません。
 ヘルプの内容が古いままです。
 弊社内でのテストもまだ不十分な状態です。


ダウンロード及びフィードバックはこちらから。

前回 Version 2.1a (270) からの変更点

・動作環境をOS X El Capitan(10.11)以降にしました。
・図形モードでFinderから画像をドロップした際に、貼り付けられる位置がおかしかった不具合を修正しました。


ちなみに、この文章は物書堂さんの『かわせみ 2』を用いて書いています(^_^;)。

是非、試用されてみては如何でしょうか?
ただ、自己責任でお願いしますね。

では(^^)/~
スポンサーサイト



Firefox Quantum (v57)が正式リリースし、高速化及びUIの刷新。

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

昨日の深夜、デスクトップ版のFirefoxがメジャーアップデートを果たし version 57 となる Firefox Quantum をリリースしました。 メジャーアップ感を演出するために『Quantum』と云う名を冠してリリース。
早速、 v56.0.2からアップデートしてみました。
リリースノートはこちら
20171115-1.png
Firefox 52 と比較して処理速度が2倍になったとかメモリの使用量が大幅に削減されたらしいです(^_^;)。 ただ、beta版を使っていた印象としては処理速度は速くなるものの 一時的にマルチプロセスの為の plugin-container プロセスのCPU占有率が暫く高めで推移する事もあったり(CPUのFanが唸って気が付いた)、メモリ使用率はv56と大差無いなぁと印象。 これは当方の MacBook Air(Mid2013) w/8GB core i7 [macOS Sierra 10.12.6) 環境によるものかもしれませんが(^_^;)。

デザインは、Mozillaが『Photon UI』と呼ぶ新しいユーザーインタフェースを採用。
これは Macユーザーには いただけない (>_<)。
20171115-2.png

テーマを変えてみました。
OSXchange Safari』を入れてみました(^^)v。 劇的な違和感はダウンした!?
20171115-3.png

Firefox Quantum リリースで肝心な事。
高速化などの為に 旧来の形式の add-onのサポートを停止し、WebExtension形式に対応したadd-onのみのサポート化で、当方も TabMixPlusなどのadd-onが使用不可になり、現状 (;´д`)トホホ… 状態であります。 Firefox本体をカスタマイズする類いのadd-onは新しい制約により実現不可となったとの事ですので、 代替のadd-onが期待出来ないモノも有り得るようです。
この為に、嫁のMacには Firefox ESR(延長サポート版)を入れました。 これは v52ベースでセキュリティ関連のアップデートのみがおこなわれるversionです。 ただ、いつまでも v52ベースのESRが使える訳ではない為に 新しいversionへの慣れの目的で 通常のFirefoxとの同時起動も可能な Developer Edition も併せて入れました。 ( 現状 Developer Edition は v58.0b1でありますが、 v57とは 素人目には大差が無いので...(^_^;) )

では(^^)/~



macOS HIgh Sierra 10.13.1 リリース の件

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

先日 11/1に Appleより macOS High Sierra 10.13.1 アップデート (17B48) がリリースされています。
About the macOS High Sierra 10.13.1 Update

• Adds support for 70 new emoji including food types, animals, mythical creatures, clothing options, more expressive smiley faces, gender-neutral characters and more
• Fixes a bug where Bluetooth may be unavailable during Apple Pay transactions
• Improves the reliability of Microsoft Exchange message sync in Mail
• Fixes an issue where Spotlight may not accept keyboard input


About the security content of macOS High Sierra 10.13.1, Security Update 2017-001 Sierra, and Security Update 2017-004 El Capitan
このセキュリティアップデートで Wi-Fi のWPA2の脆弱性「KRACK」の対応も行われている様です。

現状、HIgh Sierraは外部メディア上に入れていますが、 アップデートしてみました。
常用はしていないので細かい不具合など判りませんけどね(^_^;)。
20171103-1.png

20171103-2.png
このアップデートで、 macOS Sierra でのセキュリティアップデート同様に、 XProtect v2095 が上書きアップデートされる様です。
20171103-3.png


現時点では、未だ『macOS High Sierra 10.13.1 combo update』はリリースされてはいない様子。( macOS 10.13 Supplemental は アップデート扱いじゃないので、 Combo Update は未だリリースされないのかな? )

では(^^)/~

P.S. 今回も手抜きエントリーでした(笑)


Apple 、macOS 10.12 Sierra 向けに iTunes 12.7.1 、Safari 11.0.1 、セキュリティアップデート 2017-001 10.12.6 をリリース

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

Apple が、macOS 10.12 Sierra 向けに iTunes 12.7.1 、Safari 11.0.1 、セキュリティアップデート 2017-001 10.12.6 をリリースしています。

iTunes 12.7.1 は『アプリケーションのパフォーマンスの若干改善』、
Safari 11.0.1 は『問題の修正およびセキュリティの改善』 との事。
Apple セキュリティアップデートについて→ https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

About the security content of macOS High Sierra 10.13.1, Security Update 2017-001 Sierra, and Security Update 2017-004 El Capitan

このセキュリティアップデートで Wi-Fi のWPA2の脆弱性「KRACK」の対応がされている様です。 参考→macOS High Sierra 10.13.1, Sierra and El Capitan security updates now available (The Eclectic Light Company)

当方では、iTunes 12.6.2.20 を温存の為に iTunes 12.7.1以外の『Safari 11.0.1 、セキュリティアップデート 2017-001 10.12.6 』をインストールしてみました。
20171101-1-1.png
このアップデートでbuildナンバーが 16G29 から 16G1036 になっています。

20171101-2.png

このアップデートで、XProtect v2095 も上書きアップデートされる様です。
20171101-3.png

では(^^)/~



macOSのセキュリティ問題、XProtectのアップデート管理システムに問題!

どーも、Ryo(@macmacintosh)です♪

先日、macOS 10.13 High Sierraの不具合情報の一つとして、以下の様な情報が挙がっていました。

macOSのウィルス定義ファイル「XProtect」のバージョン管理に問題が有り、時系列的に 後発の macOS 10.13 High Sierraのインストールデータに同梱される 旧バージョンの「XProtect」により 、それより新バージョンの「XProtect」が上書きされてしまうと、その後は「XProtect」がアップデートされなくなってしまう、と云う事。

macOS 10.13 High Sierraのインストーラーに古いXProtectが同梱され、XProtectのアップデートが出来ない状態に。(AAPL Ch.)

Another High Sierra security flaw: Supplemental Update may downgrade security data files (updated – it may be worse!) (The Eclectic Light Company)

実は、薄々 この不具合に感づいていました。

最近 我が家に有る OS X 10.11 El Capitan 環境の Mac を macOS 10.12 Sierra 環境にアップグレードした際に 同様の不具合を発見。


macOS 10.12 Sierra へのアップグレードは、2017年9月25日に予めApp Store からダウンロードしておいた『macOS Sierra インストール.app』にて実行。
20171014-1.png


1) OS X 10.11 El Capitan環境 :
 10/2 10:22 に「XProtect」が v2095 に自動アップデートされる。

2) 同日 10/2 10:50頃から macOS 10.12 Sierraへのアップグレードを実施。


3) macOS 10.12 Sierraへのアップグレード後、「XProtect」は v2092 の旧バージョンに。
(Critical Updates のアプリでのチェックだと v2091だが、この原因は plist のメンテをAppleがサボった為。  XProtect.meta は v2092 )
20171014-2.png
(注意)上記 『Critical Updates』のアプリでのスクリーンショットは 本来であれば気が付いた10/2に撮るべきでしたが、撮りわすれた為に 10/10に「XProtect」をアップデートさせた10/10日に比較の為に撮ったモノとなっています。 (10/6 19:30 に Gatekeeper が v131 にアップデートされています。)
20171014-3.png

何気に セキュリティ関連のデータを見たら 自分が常用しているMacの それよりは旧バージョンだったので SoftwareUpdate を実施してもデータ更新されず。
そこで『macOS Sierra 10.12.6 combo update (統合アップデート) 投稿日: 2017/07/19』を 10/2 13時過ぎ から実行。
再度、SoftwareUpdate を実行する事で 「XProtect」以外は無事に最新データに更新。

ただ、「XProtect」が旧データのままで途方に暮れていたところ、 10/10にAAPL Ch.さんの記事が目に留まり 対応方法が書いてあり朗報でした(^_^;)。

前述の『macOS 10.13 High Sierraのインストーラーに古いXProtectが同梱され、XProtectのアップデートが出来ない状態に。(AAPL Ch.) 』の記事を参考に 強制アップデート実施


XProtect v2095のpkgを下記URLよりダウンロードし、
データ上書き実行。(10/10 22:40ごろ)
http://swcdn.apple.com/content/downloads/41/05/091-30878/j7ddye4o197r1vcvqmyn5p71ri6hiogmhd/XProtectPlistConfigData.pkg
20171014-4.png
20171014-5.png
20171014-6.png
無事に 「XProtect」を 最新データ v2095 にする事が出来ました。
\(^o^)/ヤッター!

以下は『システムレポート(システム情報) に記録されているインストール情報です。
optionキー を押下しながら メニューバー  → システム情報... で確認可。
20171014-7.png

なお、お決まりですが、上記の内容を試す際は自己責任でお願いしますね(^_^;)。

最近のmacOSの品質低下は著しいと肌身で感じています。
Appleには毎年恒例の如く単に新OSをリリースするのではなく、しっかりとQA(Quality Assurance)部門が仕事を果たした様な製品をユーザーに届けて欲しいモノであります(^_^;)。

では(^^)/~